メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

帯状疱疹

-
-

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症で、激しい痛みを伴う水疱が皮膚に出現します。

水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹は、いずれも水痘帯状疱疹ウイルスが起こす病気です。水痘帯状疱疹ウイルスの初回感染では水ぼうそう(ウイルス感染症: 水ぼうそうを参照)になり、何年もたってからウイルスが再び出現した場合には帯状疱疹になります。水ぼうそうにかかると、ウイルスは血流に入り、脳神経や脊髄(せきずい)神経の神経節に広く感染し、そこで休眠状態となって存続します。ウイルスは二度と症状を引き起こさないこともあれば、何年もたってから再び活性化することもあります。再活性化したウイルスは神経線維を伝わって皮膚へ戻り、痛みのある水ぼうそうに似たびらんを生じます。びらんはほとんど必ず、感染した神経線維の集まりが分布する体の片側の皮膚に限って帯状に発生します。この部位を皮膚分節(デルマトームを参照)と呼びます。HSV感染症と異なり、帯状疱疹の発症は一生に一度といわれています。

帯状疱疹はどの年齢にも起こりますが、50歳以上によくみられます。再活性化の原因は不明ですが、エイズやホジキン病、免疫抑制薬の使用などで免疫機能が低下している場合に起こることがあります。ただし、帯状疱疹が起こったからといって、ほかに重い病気があるとは限りません。

症状と合併症

帯状疱疹にかかると、水疱ができる3〜4日前から体調が悪くなり、悪寒、発熱、吐き気、下痢、排尿障害がみられます。皮膚に痛み、ピリピリした感覚、かゆみが起こることもあります。その後、縁が赤い小さな水疱がかたまって発生します。水疱ができるのは、感染した神経が支配する領域の皮膚に限られます。ほとんどの場合、水疱は胴体の左右どちらかの側にだけできますが、他の部位にも少数の水疱ができることもあります。患部はどんな刺激にも敏感に反応し、軽く触れただけでも激しく痛みます。小児の場合は、成人に比べて症状は一般に軽い傾向にあります。

写真

帯状疱疹

帯状疱疹

水疱は出現してから5日ほどで乾いてかさぶたになります。かさぶたができるまでは、水疱には水痘帯状疱疹ウイルスが入っているため、他の人にうつると水ぼうそうになることがあります。水疱が広い範囲に及んだり、2週間以上も治らない場合は、免疫機能が正常に働いていないことが考えられます。

帯状疱疹は一度かかると終生免疫が得られ、再発するのは5%以下です。皮膚に瘢痕が大きく残ることもありますが、ほとんどの場合、後遺症もなく回復します。

ただし、特に高齢者の場合は帯状疱疹後神経痛に移行し、患部に慢性的な痛みが続くことがあります。眼を支配する顔面神経に症状が出た場合はかなり深刻で、適切な治療をしないと視力に影響が出ることがあります。

帯状疱疹後神経痛とは

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹ウイルスに感染した神経が支配する皮膚領域に起こる慢性的な痛みをいいます。この痛みは、帯状疱疹にかかった後数カ月から数年にわたってしつこく続きますが、その間ウイルスが活発に増殖しているわけではなく、なぜ痛みが続くのかはよくわかっていません。帯状疱疹後神経痛の痛みは、絶え間なく続く場合もあれば間が空くこともあり、夜間に悪化したり、暑さや寒さでひどくなったりすることもあります。痛みで他のことが手につかなくなる場合もあります。

帯状疱疹後神経痛は主に高齢者に多く起こります。50歳以上で帯状疱疹にかかった人の25〜50%に、ある程度の帯状疱疹後神経痛がみられます。しかし、帯状疱疹にかかった人の全体からみれば、帯状疱疹後神経痛を発症するのは10%程度にすぎず、激しい痛みを訴えるケースも非常に限られています。

ほとんどの場合、痛みは1〜3カ月で治まりますが、10〜20%のケースで1年以上続きます。まれに10年以上続くこともあります。

これまで多くの治療法が試されてきましたが、決め手となるような治療法は確立していません。コルチコステロイド薬を脳脊髄液へ直接投与するのが効くといわれています。ほとんどの場合、痛みは軽く特別な治療は必要ありませんが、中には強力な鎮痛薬が必要となる人もいます。

診断

水疱が出現する前に帯状疱疹と診断するのは難しいですが、体の片側だけに痛みが漠然と帯状に出ることが手がかりになります。侵される神経によっては、盲腸、腎臓結石や胆石、大腸炎で起こる痛みと似た痛みが生じます。しかし、ひとたび水疱が神経根に沿って特徴あるパターンで現れれば、診断に迷うことはありません。検査はほとんど行われませんが、診断を確定するために使われることもあります。

治療

帯状疱疹に効く抗ウイルス薬は数種類あります。よく使われるのは、ファムシクロビル、バラシクロビル、アシクロビルなどの経口抗ウイルス薬で、特に高齢者や免疫機能の低下している人に投与されます。これらの薬剤は病気を治すわけではありませんが、症状を緩和し、病気の期間を短縮する効果があります。コルチコステロイド薬を併用すると効果的との報告もあります。細菌による二次感染症を防ぐには、皮膚を清潔に保ち、乾いた状態にしておくことが大切です。

鎮痛薬が必要になることもあります。非ステロイド性抗炎症薬やアセトアミノフェンを使用しますが、オピオイド系の経口薬が必要になることもよくあります(痛み: 痛みの治療を参照)。

個人情報の取扱いご利用条件