メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

サイトメガロウイルス感染症

-
-

サイトメガロウイルスはよくみられるヘルペスウイルスで、一般に、胎児のときに感染した乳児や、免疫機能が低下している人に病気を引き起こします。

ヘルペスウイルスの1種であるサイトメガロウイルス(CMV)による感染症は、非常によくみられるもので、血液検査をすると、成人の60〜90%は過去にCMV感染症にかかったことがあるといわれます。普通は感染しても症状は出ませんが、胎児のときに感染した乳児(新生児にみられるある種の感染症を参照)や、エイズや臓器移植などで免疫機能が低下している人は症状が重くなります。臓器移植を受けた人は、移植の過程で免疫抑制薬の投与を受けているので、特にCMVに感染しやすい傾向があります。

CMVは感染しやすく、感染者の尿や唾液(だえき)中に何カ月間にもわたって検出されることもあります。ウイルスは、子宮頸管粘液、精液、便、母乳にも排出されるので、性的および非性的な感染の両方があります。汚染血液の輸血によって感染することもあります。

症状は、感染後すぐに現れます。CMVは一生涯にわたって感染した人のさまざまな組織の中で休眠状態になって存続し、いろいろな刺激が潜伏しているCMVを再活性化して、病気を起こすこともあります。

症状

CMVに感染しても、大半の人には何も症状はありません。たまに、健康な人が感染して熱や具合の悪さを感じることがあるくらいです。10代や20代の若い人の場合は、発熱やけん怠感など伝染性単核球症と似た症状が起こることがあります。CMVに汚染された血液の輸血を受けた人では、2〜4週間後に発熱やときに肝炎が起こります。

免疫機能が低下している人がCMVに感染すると、症状が重くなりがちで、死亡することもあります。エイズ患者では、CMV感染症は最もよくみられるウイルス性の合併症です。このウイルスは眼の網膜に感染することが多く(CMV網膜炎)、失明の危険があります。脳に感染して脳炎を起こしたり、腸や食道に潰瘍ができたりすることもあります。

妊婦が感染すると、流産、死産、新生児の死亡を起こします。死亡は、出血、貧血、肝臓や脳への重大な障害が原因です。聴覚障害や精神遅滞といった障害が新生児に現れることもあります。

診断と治療

CMV感染症は徐々に発症するため、すぐには気づかないこともあります。ただし、免疫機能が低下している人では、医師はまずCMV感染症の可能性を考えます。CMV感染症の疑いがあれば、体液や組織を検査してウイルスを検出します。新生児の場合は尿の培養で、またそれ以外の人は血液や肺の検体を培養して診断します。CMV網膜炎の人は、検眼鏡(眼の内部を検査するための装置)で特有の異常を発見できます。

軽度のCMV感染症は、たいていの場合、治療をしなくても自然に治ります。命や失明の危険がある場合には、ガンシクロビル、バルガンシクロビル、シドフォビル、ホスカルネットなどの抗ウイルス薬を使用します。CMV網膜炎には、徐放性ガンシクロビルを含む小さな装置を眼の中に埋めこんだり、フォミビルセンを直接眼に注射する治療が行われています。これらの薬剤は深刻な副作用がある上、感染症そのものを治す薬ではありませんが、進行を遅らせることができます。免疫機能が回復したり、免疫抑制薬の使用を中止したりすれば、たいていの場合、治療を行わなくてもCMV感染症は治まります。

個人情報の取扱いご利用条件