メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

鼠径部肉芽腫

-
-

鼠径部肉芽腫は肉芽腫カリマトバクテリウムという細菌が起こすまれな性感染症で、生殖器の慢性的な炎症を生じます。

鼠径部肉芽腫は先進国ではまれな病気で、米国では1999年に8例の報告があっただけでした。パプアニューギニア、オーストラリア、南アフリカなどで原始的な生活をしている人々に多くみられます。

症状は通常、感染後1〜12週間で現れます。まず、痛みのない赤い結節ができ、少しずつ大きくなって1つまたは複数の丸い隆起したこぶになり、破れて潰瘍ができます。男性では陰茎、陰嚢、鼠径部、大腿部、女性では外陰部、腟とその周辺の皮膚などが感染部位です。トリメトプリム‐スルファメトキサゾールかドキシサイクリンの最低3週間の経口投与が効果的です。

個人情報の取扱いご利用条件