メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

その他の性感染症

-
-

細菌(赤痢菌カンピロバクターサルモネラ)、ウイルス(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、寄生虫(ランブル鞭毛虫とその他のアメーバ類)は一般に、性的接触以外の経路で感染を起こしますが、ときに性行為でも感染することがあります。これらの生物による感染症は、B型肝炎とC型肝炎を除いて、通常は口を介して起こります。したがって、感染者の肛門に口が接触するような行為を行うと、これらの感染症がうつります。下痢、発熱、腹痛や腹部膨満、吐き気や嘔吐、黄疸など、それぞれの生物に特徴的な症状が現れます。男性同性愛者で多数のセックスパートナーがいる場合は、感染症が頻繁に再発します。症状のない場合もありますが、慢性B型肝炎や慢性C型肝炎のように、深刻な長期にわたる合併症につながることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件