メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

皮膚に生じる異常の多くは、皮膚だけに限られた問題です。しかし中には、体全体にかかわる病気がもとで、皮膚に症状が現れる場合もあります。したがって、皮膚の病気を診断する際には、他の病気の可能性もできる限り検討することが必要です。このため皮膚の異常で来院した人でも、見えない部分の病気を調べるために血液検査やその他の検査が必要になることがあります。

皮膚表面に現れるさまざまな病変の医学用語

  • アトピー皮膚:
    紙のように薄くなり、しわがよった皮膚。
  • 痂皮(かひ):
    皮膚の表面で血や膿、体液が固まったもので、俗に「かさぶた」という。皮膚の傷ついた部分にできる。
  • びらん:
    皮膚の表層の一部またはすべてが欠損した状態。感染、圧迫、刺激、温度などによって皮膚が損傷を受けると、びらんが生じる。
  • 擦過傷(さっかしょう):
    皮膚がえぐれたり、線状にかさぶたができた状態。皮膚をひっかいたり、こすったり、突いたりしたときに生じる。
  • 苔癬化(たいせんか):
    皮膚が厚くなり、表面にしわや溝が深くくっきりと現れた状態。皮膚を長期間ひっかくことで生じる。
  • 斑(はん):
    皮膚の表面にできるさまざまな形をした、直径約10ミリメートル未満の平らな変色部分。そばかす、平らなほくろ、ポートワイン母斑、各種の発疹などが斑状となる。これより大きなものはパッチと呼ばれる。
  • 結節:
    硬く盛り上がったしこりで、丘疹よりも深くはっきりと感じられる。表皮の下にできた結節が、皮膚を押し上げているように見えることがある。
  • 丘疹:
    直径約10ミリメートル未満の硬く盛り上がった病変。いぼ、虫刺され、スキンタグ、ある種の皮膚癌などが丘疹となる。
  • 局面(プラーク):
    皮膚から平らに盛り上がった隆起やその集合体で、通常は直径が約10ミリメートル以上。
  • 膿疱(のうほう):
    膿を含んだ水疱。
  • 鱗屑(りんせつ):
    死んだ表皮細胞が蓄積し、カサカサに乾燥した斑状の病変。うろこ状になり、はがれて落屑を起こしやすい。乾癬、脂漏性皮膚炎などでみられる。
  • 瘢痕(はんこん):
    正常な皮膚が線維状の組織で置き換わった状態。真皮の一部が破壊されると生じる。
  • 毛細血管拡張:
    皮膚の内部で血管が拡張し蛇行しているのが透けて見える状態。圧迫すると白くなる。
  • 潰瘍(かいよう):
    びらんに似た病変で、深さが少なくとも真皮の一部にまで到達しているもの。びらんと同様の原因でできる。
  • 小水疱:
    直径約5ミリメートル未満の、中に液体が詰まった吹き出もの。より大きいものを水疱という。虫刺され、帯状疱疹、水ぼうそう(水痘)、やけど、炎症などによって小水疱や水疱ができる。
  • 膨疹(じんま疹):
    軟らかく盛り上がったスポンジ状の腫れで、皮膚の表面に比較的急に現れ、やがて消えてなくなる。薬、虫刺され、何らかの物質の皮膚への接触に対する一般的なアレルギー反応として生じる。

個人情報の取扱いご利用条件