メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

診断

-
-

皮膚を診察しただけで診断できる皮膚病はたくさんあります。病気を特定するには、皮膚に現れている異常部分の大きさ、形、色、部位を調べることに加え、その他の徴候や症状が現れていないかどうかを調べます。皮膚の異常がどのような場所にどの程度広がっているかを調べるため、通常は患者に衣服をすべて脱いでもらって診察します。たとえ患者本人はごく一部の皮膚の異常にしか気づいていない場合でも、診察は同様に行います。

場合によっては皮膚から少量の組織を採取し、顕微鏡による生体組織検査(生検)を行います。組織を採取するには、患部の皮膚に局所麻酔をかけ、メスやハサミ、ラウンドカッター(パンチ生検)で皮膚を直径約3ミリメートルほど切り取ります。

感染症が疑われる場合には、皮膚から組織を少量こすりとって顕微鏡で調べる方法もあります。採取した組織を検査室で培養基、すなわち微生物が増殖できる物質の中に入れる方法もあります。もし組織の中に細菌や真菌、ウイルスがいれば培養基の中で増殖するため、病気の原因が特定できます。

ある種の皮膚の感染症が疑われる場合、ウッド灯検査も用いられます。この検査は、暗い室内で皮膚に紫外線の照明をあてて行います。紫外線をあてると、一部の真菌や細菌は皮膚の上で明るく光って見え、白斑のような皮膚の色素異常もはっきり見ることができます。

発疹の原因としてアレルギー反応が考えられる場合、パッチテストやプリックテスト、皮内反応といった皮膚テストを行います。パッチテストとは、発疹の原因と考えられる物質を、ごく少量皮膚に貼りつけて1〜2日おく検査方法です。貼った部分に発疹が出れば、患者はその物質に対しアレルギーがあることがわかります。プリックテストと皮内反応では(アレルギー反応: 症状と診断を参照)、少量の物質を皮下注射します。注射した部分を観察し、そこが赤くなったり腫れたりするようであれば、その物質に対しアレルギー反応を示すことがわかります。

個人情報の取扱いご利用条件