メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

にきび

-
-

にきびは顔や上半身の胴体の皮膚にできる吹き出もので、よくみられます。

にきびは、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用によって毛包が炎症を起こすとできます。にきびがよくできる部位は、顔、胸の上部、肩、背中で、吹き出ものと嚢胞(のうほう)が特徴です。膿瘍(のうよう)ができることもあります。嚢胞と膿瘍は、いずれも内部に膿がたまったくぼみのことですが、膿瘍の方が大きくて深さもあります。

脂腺は皮膚の脂、つまり皮脂を分泌する腺で、皮膚の真ん中の層である真皮にあります。この腺は毛包に付随しています。皮脂は、死んだ皮膚細胞と一緒に脂腺から毛包を上がってきて、やがて毛穴から皮膚表面へと出てきます。

にきびは、毛包に乾いた皮脂や死んだ皮膚細胞、細菌などが詰まってしまい、皮脂が毛穴から外に出てこられなくなったためにできます。毛穴が完全にはふさがっていなければ黒にきび(開放面皰[かいほうめんぽう])ができ、完全にふさがっている場合は白にきび(閉鎖面皰)ができます。アクネ桿菌(かんきん)は健康な人の毛包内にも生息している細菌ですが、毛包に皮脂が詰まってふさがると、この細菌の過剰な増殖を招きます。この細菌は皮脂を分解し、皮膚に刺激を与える物質を生じます。その結果生じる炎症と感染が、吹き出もの、すなわちにきびを引き起こします。感染がひどくなると膿瘍が形成され、これが皮膚の中で破裂すると炎症がさらに悪化します。

にきびは思春期によくできます。思春期にはホルモン、特にテストステロンなどの男性ホルモンの濃度が増加して脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が多くなるからです。20代前半から半ばにかけてホルモンの産生が安定すると、通常はにきびも消えます。ホルモン量が変化するその他の状態でも、にきびができることがあります。たとえば若い女性の場合、月経の周期に伴ってにきびができたり消えたりしますし、また妊娠中には悪化することがあります。一部の薬、特にコルチコステロイド薬やタンパク同化ステロイドは脂腺を刺激し、にきびの原因になります。化粧品の使用も毛穴を詰まらせて、にきびを悪化させる場合があります。

にきびの程度や状態はさまざまで、良くなるときも悪化するときもあるので、にきびが急にできる原因を特定するのは容易ではありません。理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性はありません。

症状

にきびの程度は、軽症のものから重症までさまざまです。にきびとしては軽症であっても、悩みの種になることがあります。特に10代の若者にとっては、1つ1つのにきびが美容上の大問題にみえるものです。

軽症のにきびと重症のにきび

軽症のにきびと重症のにきび

軽症のにきびは表面的なもので、非炎症性の黒にきびや、症状の軽い小さな吹き出ものがいくつかできる程度です。にきびはたいてい顔にできますが、肩、背中、胸の上部にできることもよくあります。タンパク同化ステロイドを使用すると、肩や背中の上部ににきびがしばしば生じます。黒にきびは、普通の色をした皮膚がわずかに腫れた部分の中心に、黒い小さな点がぽつんと見えます。普通の赤いにきびは、皮膚が小さな円状に赤くなったその真ん中に白い芯があり、少し不快な感じがします。根の深いものや嚢胞のような重症のにきびでは、赤くて痛みを伴う、膿の詰まったかたまり(小結節)が多数できます。皮膚の下でこれがいくつも一緒になり、大きなじくじくした膿瘍を形成することもあります。

写真

にきび

にきび

軽症のにきびは、通常はあとを残さず治ります。しかし、吹き出ものをつぶしたり無理に開こうとすると、炎症を悪化させて皮膚の傷を深くするので、にきびのあとが残りやすくなります。膿の詰まった小結節や膿瘍のような重症のにきびはしばしば破裂して、治った後もしばしばあとが残ります。にきびのあとは、小さくて深い穴(アイスピックで突いたような傷あと)や、さまざまな深さのあばた、深くて不規則な形のくぼみなどになります。これらは一生残るので、見た目にはっきりとわかるような場合は心理的ストレスになることがあります。

治療

一般的なにきび治療は単純なものです。にきびができた部位を、日に1〜2回刺激の少ないせっけんを使って洗います。抗菌せっけんやスクラブ入りせっけん、アルコール綿の使用や、頻繁にごしごし洗うことはにきびに効果がないだけでなく、皮膚を刺激してしまいます。化粧品は、水分が主体のものにすべきで、油分の多い製品はにきびを悪化させます。特に食事の制限はありませんが(たとえばピザやチョコレートなど)、健康でバランスの良い食生活をすべきです(栄養の基礎知識: 栄養所要量を参照)。

これらのような基本的なことを行った上で、症状の重症度に応じたにきび治療を行います。軽症のにきびには、最も簡単で副作用のリスクも最も少ない治療を行います。より重症のにきびや、基本的な治療では改善されないにきびには、さらに治療が必要となります。

軽症のにきび: 軽症のにきびには、皮膚に塗る局所用薬を用います。これらの薬には細菌を殺したり(抗菌作用)、にきびを乾かしたり、毛穴の詰まりを取る作用があります。

処方される抗菌薬で最も一般的なものは、クリンダマイシン、エリスロマイシンの2種類です。過酸化ベンゾイルも抗菌効果のある薬ですが、これは処方薬でも使いますし市販薬としても買えます。

処方せんなしで買えるクリーム状の薬として昔から使われているものは、サリチル酸やレゾルシノール、硫黄を含んでいます。これらは吹き出ものを乾かしますが、わずかにうろこ状のかさつきが残ります。これらの薬には抗菌薬や過酸化ベンゾイルほどの効き目はありません。

局所用の抗菌薬が効かない場合、毛穴の詰まりを取る効果のある処方薬を使います。その代表的なものはトレチノインです。トレチノインは高い効果がありますが、皮膚に刺激を与え、日光に対し過敏にします。そのため、この薬の処方は慎重に行われ、最初は濃度が低く使用頻度も抑えて、徐々に増やしていきます。過酸化ベンゾイルはトレチノインを不活化するので、この2つの薬は一緒に使ってはいけません。トレチノインと同様の効き目がある新薬には、アダパレン、アゼライン酸、タザロテンなどがあります。

黒にきびと白にきびは、医師に取り除いてもらうことができます。大きい吹き出ものは滅菌した針で開口します。ループ状の器具を使って、詰まった毛穴や吹き出ものの内容物を絞り出すこともあります。

重症のにきび: テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、エリスロマイシンといった経口用の抗生物質は、重症のにきびの場合にのみ使います。にきびの再発を防ぐためには、これらの薬のどれかを数週間から数カ月、ときには数年継続して服用します。これらの薬は重い副作用を引き起こすこともあるので、医師の診察を受けながら慎重に服用する必要があります。女性が抗生物質を長期間服用すると、腟の酵母菌感染が起こることがあり、その場合、別の薬で治療しなくてはなりません。酵母菌感染の管理が難しいようであれば、抗生物質によるにきび治療はやめた方がよいでしょう。

抗生物質が効かない最も重症のにきびでは、経口薬のイソトレチノインが最善の治療法です。イソトレチノインは局所用薬のトレチノインと類似の薬で、にきびを治療できる可能性がある唯一の薬です。しかし、イソトレチノインには深刻な副作用があります。イソトレチノインは胎児の発育を阻害することがあるため、この薬を服用する女性はしっかりと避妊を行い、妊娠することがないようにしなければなりません。このほかにも副作用が出るおそれがあります。一般に、治療は20週間続けます。それ以上治療を継続する必要がある場合、最低でも4カ月以上間を空けてから再開すべきです。

特定の患者には、他の治療法も有効です。たとえば、月経周期に伴ってにきびが悪化する女性の場合、経口避妊薬を服用すると効果があります。この治療法は、結果が出るまでに2〜4カ月かかります。

大きくて炎症を起こしている結節や膿瘍の場合、医師はコルチコステロイド薬を注射する治療を行う場合があります。ときには、切開して膿を出す治療も行います。

にきびあとがひどい場合、その治療法は傷あと(瘢痕)の形や深さ、位置によって決まります。独立した瘢痕の場合、切開して皮膚を縫い合わせます。幅がありギザギザした傷あとの場合は、瘢痕化した組織を開放するために皮下に小さい切れこみをつくるサブシジョンという治療法を行うと、見た目を改善することができます。この治療を行うと、多くの場合、皮膚が元の正常な輪郭に戻ります。浅いくぼみが複数ある場合には、ケミカルピーリングやレーザー治療を行います(レーザーによる皮膚治療を参照)。皮膚剥離術(ひふはくりじゅつ)という、金属の研磨用器具で皮膚の最も外側の層を削り取る治療法も、小さな瘢痕の治療に適しています。コラーゲンや脂肪、その他の合成物質をにきびのあとに注入する方法もあります。これらの物質は皮膚のへこんだ部分を盛り上げ、周囲と同じ高さにして目立たなくします。

作用

薬の名前

主な副作用

備考

細菌を殺す(局所に塗る)

  クリンダマイシン 下痢(まれ)
  エリスロマイシン 副作用が少なく治療に耐えやすい
  過酸化ベンゾイル 皮膚を乾燥させる。衣服や髪を脱色させることがある エリスロマイシンと併用すると特に有効

毛穴の詰まりを取る(局所に塗る)

  トレチノイン 皮膚に刺激を与え、日光に対し敏感にする トレチノインの使用開始段階では、にきびは悪化したようにみえる。3〜4週間継続使用すると改善がみられる。日光にあたる場合、皮膚を保護する衣服や日焼け止めの使用が必要
  タザロテン 皮膚に刺激を与え、日光に対し敏感にする タザロテンの使用開始段階では、にきびは悪化したようにみえる。3〜4週間継続使用すると改善がみられる。日光にあたる場合、皮膚を保護する衣服や日焼け止めの使用が必要
  アダパレン 皮膚が赤くなり、ヒリヒリして日光に対し敏感になる トレチノインと同程度の効果があるが、刺激は少ない。日光にあたる場合、皮膚を保護する衣服や日焼け止めの使用が必要
  アゼライン酸 皮膚の色を薄くすることがある 皮膚への刺激は最も少ない。単独で、またはトレチノインとともに使用する。皮膚の色を薄くすることがあるので、皮膚の色が濃い人に使う場合は注意が必要

細菌を殺す(内服する)

  テトラサイクリン 皮膚を日光に対し敏感にする 安価で安全だが、空腹時に服用しなければならない。日光にあたる場合、皮膚を保護する衣服や日焼け止めの使用が必要
  ドキシサイクリン 皮膚を日光に対し敏感にする 日光にあたる場合、皮膚を保護する衣服や日焼け止めの使用が必要
  ミノサイクリン 頭痛、めまい、皮膚の変色 最も有効な抗菌薬
  エリスロマイシン 胃の不快感 細菌がエリスロマイシンに対し耐性をもつようになることが多い

毛穴の詰まりを取る(内服する)

  イソトレチノイン 胎児の発達に悪影響を与えるおそれがある。血球数、肝機能、脂質レベルに影響する。大量服用するとドライアイ、唇のひび割れ、粘膜の乾燥、大きい関節部や腰の痛みやこりなどが生じる。うつ状態、自殺願望、自殺未遂の原因となり、まれに自殺を引き起こす 性活動がある女性はイソトレチノイン服用開始前、およびイソトレチノイン服用中は毎日妊娠検査を受けるべきである。この薬の服用開始1カ月前、服用中そして中止後1カ月間は、避妊を行うか性交渉を避ける。血球数、肝機能、脂質代謝(トリグリセリド、コレステロール)への影響をみるため血液検査を受ける必要がある

個人情報の取扱いご利用条件