メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

白皮症

-
-

白皮症はまれな遺伝病で、メラニンがほとんど、あるいはまったくつくられない病気です。

白皮症は世界中、あらゆる人種でみられます。

この病気はその特徴的な外観から、すぐに診断がつきます。白皮症の人(アルビノ)は白い髪、青白い皮膚、ピンク色か薄い青の瞳をしています。白皮症を起こす遺伝病は、同時に視力異常や不随意の眼球運動(眼振)を引き起こします。

メラニンには皮膚を日光から守る働きがあります。白皮症の人はメラニンがないため、わずか数分間直射日光にあたっただけでひどい日焼けを起こすなど、非常に日焼けしやすく、皮膚癌にかかりやすい傾向があります。

写真

白皮症

白皮症

白皮症に治療法はありません。白皮症の人は、皮膚への影響を極力避けるため、直射日光にあたらないようにし、サングラスをかけ、SPF値(紫外線のブロック効果)の最も高い日焼け止めを塗るといった方法を取ります(日光と皮膚の障害: 予防を参照)。日焼け止めを使っていても、白皮症の人は長い時間直射日光に皮膚をさらすことは避けるべきです。

個人情報の取扱いご利用条件