メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

白斑

-
-

白斑とは、部分的なメラニン細胞の欠失で、皮膚に白い斑点ができる病気です。

白斑の原因はわかっていませんが、免疫システムによる自分のメラニン細胞への攻撃がかかわっていると考えられます。白斑は遺伝する傾向があり、他の病気と一緒に発症することがしばしばあります。白斑患者の約3分の1が甲状腺の病気を患っていますが、白斑との関連性はまだわかっていません。糖尿病、アジソン病、悪性貧血などの患者でも白斑が発症しやすい傾向がみられます。白斑は、体に外傷を負った後や日焼けした後にも生じることがあります。

写真

白斑

白斑

白斑は健康には害を及ぼしませんが、心理的にはかなり患者を悩ませる原因になります。

症状と診断

はっきりと違いがわかる白い斑点が1〜2個できる人もいれば、体の大部分に白斑が現れる人もいます。皮膚の色が濃い人ほど変化が際立って見えます。白斑が現れやすい部位は顔、ひじと膝、手足、性器です。色素が失われた皮膚は、非常に日焼けしやすくなります。白斑が生じた部分では毛包からメラニン細胞が失われているので、そこに生える毛も白くなります。ただし頭髪の若白髪は、その部分の頭皮が白斑に侵されていなくても起こります。

白斑は見た目が特徴的ですので、医師が診ればすぐ診断できます。皮膚の色が薄くなった原因が白斑であることを確認するため、ウッド灯を使った検査がよく行われます(皮膚の病気の診断と治療: 診断を参照)。その他の検査や生検は、めったに必要ありません。

治療

中には、白くなった皮膚の色が自然に元に戻る例もありますが、白斑の治療法は発見されていません。治療が役に立つことはあります。白斑が小さい場合、ステロイドクリームを使うと皮膚の色が濃くなる場合があります。ブロンザーや皮膚用染料、化粧品などを使う人もいます。白斑が生じた部分にもわずかなメラニン細胞は残っている例が多いため、半数以上の白斑患者では光線療法を行うとメラニン細胞が刺激を受け、再び色素をつくりはじめます(光線療法:皮膚病の治療に紫外線を活用を参照)。特に、ソラレン(光感作薬)と紫外線A波を一緒に使う光線療法(PUVA療法)、紫外線B波のナローバンドを使う光線療法は効果が期待できます。しかし、光線療法は効果が出るまでに数カ月かかり、ずっと継続しなくてはなりません。

光線療法では効果が上がらない白斑の場合、皮膚移植や、本人の正常な皮膚からメラニン細胞を移植する方法があります。白斑が出現した部分の皮膚は、必ず日焼け止めや衣服で日光から保護しなくてはなりません。

かなり広範囲に白斑が生じている場合、皮膚の色を均一にするために、白斑が出ていない部分の皮膚の色素を脱色する例もあります。色素の脱色はヒドロキノンのクリームを数週間から数年、繰り返し脱色したい部分の皮膚に塗って行います。いったん脱色した皮膚は元には戻りません。

個人情報の取扱いご利用条件