メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肝斑

-
-

肝斑は日光にあたった皮膚にできる茶褐色の色素沈着斑で、主に顔にできます。

肝斑はだれにでも発症する可能性がありますが、妊婦(妊娠黒皮症)や経口避妊薬を使用している人にできやすい傾向があります。この病気は日照時間の長い土地に住む人や、ラテン系、アジア系人種によくみられます。

肝斑では、顔の左右対称の位置に不規則な形をした濃い色の斑領域ができます。この色素沈着は主に顔の中央部、ほほ、額、上唇、鼻に最も多くみられます。顔の片側だけに色素沈着斑ができる例もあります。まれですが、上腕部にこの肝斑が生じることもあります。

肝斑はかゆくも痛くもなく、見た目が気になるだけです。

肝斑は、妊婦の場合は出産後に、経口避妊薬使用者は服用中止後には徐々に消えるのが普通です。肝斑ができている場合、症状がさらに悪化するのを防ぐために肝斑の部分には日焼け止めを塗り、日光にあたらないようにします。ヒドロキノンやレチノイン酸を含む皮膚脱色用のクリームを使うと、肝斑の色を薄くする効果があります。

個人情報の取扱いご利用条件