メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

膿痂疹

-
-

膿痂疹(のうかしん)とは、黄色ブドウ球菌化膿レンサ球菌、あるいはこの両方によって引き起こされる皮膚感染症で、かさぶたと黄色い痂皮(かひ)を伴ったただれができます。黄色い液体の詰まった小水疱ができることもあります。

写真

膿痂疹

膿痂疹

膿痂疹はよくみられる病気で、主に子供がかかります。この病気は体のどこにでも発症しますが、特に顔面、腕、脚によくできます。豆程度から大きなリング状まで、さまざまな大きさの水疱ができることがあり(水疱性膿痂疹)、数日から数週間この水疱が残ります。この病気は主に正常な皮膚に発症しますが、けがをした部分や、真菌感染症、日焼け、虫刺されなどで皮膚が傷ついた部分に後から発症することもあります。

膿痂疹はかゆみを伴い、少し痛みもあります。かゆみがあるとその部分を強くかいてしまい、そのために感染部分が広がってしまいます。特に子供はその傾向があります。この病気はかなり感染力が強く、感染部分から正常な皮膚へ、あるいは患者から他の人へと容易に感染します。

感染部分の皮膚は、日に数回、せっけんと水でそっと洗ってかさぶたなどを落とします。感染部分が狭い場合はバシトラシン軟膏、ムピロシンクリームか軟膏で治療します。感染部分が広い場合、セファロスポリンなどの抗生物質の内服薬も必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件