メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

化膿性汗腺炎

-
-

化膿性汗腺炎(かのうせいかんせんえん)とはアポクリン汗腺に起こる炎症で、皮膚の下に膿がたまって痛みます。

化膿性汗腺炎は、思春期以降の人にみられます。わきの下や性器周辺、肛門の周り、乳房の下にはアポクリン腺という特別な汗腺があって、それが慢性的にふさがれるために起こります。この汗腺の閉塞が生じる原因はわかっていませんが、制汗スプレーやパウダーを使用すること、わき毛をそることなどとは関係ありません。汗腺がふさがれると腫れて破裂し、その結果、細菌に感染することがしばしばあります。膿瘍ができると、痛みとひどい臭気を伴い、再発する傾向があります。再発を数度繰り返すとその部分の皮膚は厚くなり、瘢痕(はんこん)化します。

化膿性汗腺炎は一般的な膿瘍と似ています。診断は、膿瘍のできた部位と、再発を繰り返すかどうかに基づいて下します。

症状が軽い場合は、炎症部分にステロイド薬を注射し、テトラサイクリン、エリスロマイシンなどの抗生物質を内服します。クリンダマイシンの局所用薬を塗るのも効果があります。膿瘍部を切開して膿を出すこともあります。症状が重い場合は、抗炎症薬であるイソトレチノインの経口薬を服用します。レーザー治療も行われています。重症の場合、患部を切除してから皮膚移植をする必要が生じることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件