メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

水虫、たむし(白癬)

-
-

白癬(はくせん)は数種の真菌が原因で起こる皮膚感染症の総称で、感染部位によって水虫、たむしなどさまざまな名で呼ばれます。

この病気は「たむし」と呼ばれることもありますが、昆虫とはまったく関係ありません。この感染症にかかると皮膚に輪形の皮疹ができることから、輪癬とも呼ばれます。

水虫(足白癬)は暖かい季節に多い真菌感染症で、広くみられます。この感染症にかかっている人と一緒のシャワールームや浴室を使ったり、かかっている人がはだしで歩いた湿った場所を歩くことで伝染します。原因となる主な菌は、白癬菌属表皮菌属などです。これらの菌は主に足指の間の温かくて湿った場所で繁殖します。感染すると皮膚がうろこ状になりますが、その部分が赤くなってかゆみを伴う場合もありますし、赤みやかゆみがみられない場合もあります。皮膚の一部だけがうろこ状になることも、足の裏全体がそうなることもあります。爪まで感染が広がる場合もあります。病変部のかさつきがひどいとその部分がひび割れてしまうこともあり、そうなると痛みを伴います。液体の詰まった水疱ができることもあります。水虫で皮膚がひび割れると、そこから細菌感染症(細菌による皮膚感染症: はじめにを参照)を引き起こすおそれがあります。特に、高齢者や、足の血液循環が悪い人はそうなりやすい傾向があります。

写真

水虫

水虫

爪白癬(つめはくせん)は、爪水虫、爪甲真菌症ともいい(足の障害: 爪真菌症を参照)、白癬菌属などが原因で爪に起こる感染症です。菌が爪の下に入って、その結果感染した爪が厚くなって光沢を失い、形がゆがみます。手の爪より足の爪の方が感染しやすい傾向があります。感染した足の爪は、爪床からはがれたり、ぼろぼろ崩れ落ちたり、薄く削れるようにはがれるなどします。

いんきんたむし(股部白癬[こぶはくせん])は男性によくみられ、特に暖かい季節によく発症します。性器周辺の皮膚のひだから発症し、もも上部の内側にまで広がります。酵母菌感染とは異なり、普通は陰嚢までは感染が及びません。皮疹はうろこ状で縁がピンク色をしています。いんきんたむしは非常にかゆく、痛むこともあります。かかりやすい人は再発しやすい傾向にあります。

しらくも(頭部白癬)は、主に白癬菌属が原因で起こる感染症です。非常に感染力が強く、子供に多く(乳児と幼児の健康上の問題: 皮膚発疹を参照)、特に黒人の子供に多くみられます。これにかかると、かゆみを伴うピンク色のうろこ状皮疹が生じたり、皮疹はないもののパッチ状に頭皮が抜け落ちたりします。まれですが、頭皮に痛みを伴う炎症性の腫れた皮疹ができて膿がにじみ出ることがあります(禿瘡[とくそう])。これは真菌に対するアレルギー反応が原因です。

たむし(体部白癬)は、主に白癬菌属小胞子菌属表皮菌属が原因です。感染すると、縁がピンク色でうろこ状をしていて真ん中は正常な皮疹ができます。この皮疹はかゆみを伴うこともあります。たむしは皮膚のどこにでもでき、感染していない皮膚や、肉体的接触がある人に容易にうつり、広がります。

ひげ白癬は、まれです。ひげの生える部分の皮膚に起きる感染症のほとんどは、真菌ではなく細菌が原因です。

治療

頭皮と爪を除き、ほとんどの白癬は軽症です。抗真菌薬のクリームで治療できます。効き目の高い抗真菌薬クリームが市販されており、処方せんなしでも買えます。パウダータイプのものもありますが、一般にクリームほどの効き目はありません。局所用の抗真菌薬に含まれる有効成分は、ミコナゾール、クロトリマゾール、エコナゾール、オキシコナゾール、シクロピロクス、ケトコナゾール、テルビナフィン、ブテナフィンなどです。

クリームは1日に1〜2回患部に塗り、皮疹が完全に消えた後もこれを7〜10日間続けなくてはなりません。クリームの使用をすぐやめてしまうと感染症は完全には治まらず、発疹が再発するおそれがあります。マニキュアのような形状をした容器に入ったシクロピロクスは、爪白癬の治療として爪に塗ります。この治療法は1年近く継続することもありますが、なかなか効果は上がりません。

抗真菌薬クリームを使っても、症状が軽減されるまでには数日かかります。最初の数日間は、かゆみや痛みを和らげるためにステロイドクリームを併用することもあります。低用量のヒドロコルチゾンは市販されていますが、より効力の強いステロイド薬は処方せんが必要です。この薬剤は抗真菌薬クリームと併用します。

症状が重くなかなか治らないもの、および頭皮や爪の真菌感染症には、イトラコナゾール、テルビナフィン、グリセオフルビンといった内服の抗真菌薬を使用します。これらの薬は毎日服用します。たむしにはフルコナゾールが処方される場合もありますが、この薬は週に1回、3〜4週間服用します。爪白癬にはイトラコナゾール、テルビナフィンでの長期治療が必要です。手指の爪では6週間、足指の爪では12週間以上かかります。足指に新しい健康な爪が生えるまでには、1年近くかかります。爪白癬に最も効果があるのはテルビナフィンです。グリセオフルビンでの治療はさらに長くかかります。しかし、爪白癬の場合は経口薬の抗真菌薬で治療効果があるとは限らず、明らかにうまくいったと思われる治療の後で再発することもあります。しらくも(頭部白癬)には、経口薬での治療を4〜6週間、グリセオフルビンを使う場合はさらに長期間行います。頭皮に禿瘡ができた子供の場合、ステロイドの経口薬を使う場合もあります。

真菌感染症の感染部分がじくじくしている場合、細菌感染症を併発することがあります。その場合は局所用薬、あるいは経口薬の抗生物質を使った治療が必要です(細菌による皮膚感染症: はじめにを参照)。

主な局所用の抗真菌薬

  • アモロルフィン
  • ブテナフィン
  • シクロピロクス
  • クロトリマゾール
  • エコナゾール
  • ハロプロジン
  • ケトコナゾール
  • ミコナゾール
  • ナフチフィン
  • ナイスタチン(カンジダ属のみ)
  • オキシコナゾール
  • 硫化セレン(癜風治療用のシャンプー)
  • サルコナゾール
  • テルビナフィン
  • テルコナゾール
  • チオコナゾール
  • トルナフテート
  • ウンデシレン酸

個人情報の取扱いご利用条件