メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脂肪腫

-
-

脂肪腫は、脂肪が蓄積した軟らかいしこりで、皮下にできて円形や楕円形のこぶ状になります。

写真

脂肪腫

脂肪腫

脂肪腫は皮膚の下に生じるなめらかなしこりで、軟らかいこぶのように感じられます。硬くはありませんが、しっかりと中身が詰まったような感触があります。脂肪腫の上の皮膚には異常はみられません。大きさは、直径約5〜8センチメートル程度で、それより大きくなることはめったにありません。脂肪腫は体のどこにでもできますが、特に前腕部、胴体、首の後ろによくできます。できる数も1個だけから、多数までさまざまです。これができても体に害を及ぼすことはほとんどありませんが、神経を圧迫する部分にできてしまうと痛む場合もあります。脂肪腫は男性よりも女性にできやすい傾向があります。

診断は比較的簡単につくので検査の必要はありません。脂肪腫は癌ではなく、悪性になることもほとんどありません。脂肪腫に何らかの変化がみられた場合、そこからサンプルを採取して顕微鏡で調べる生検をすることがあります。治療は特に必要ありませんが、気になる場合は手術で切除するか、器具による脂肪吸引を行います。

個人情報の取扱いご利用条件