メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

基底細胞癌

-
-

基底細胞癌は、表皮細胞に起因する癌です。

基底細胞とは、表皮の最下層にある細胞です。基底細胞癌は必ずしも基底細胞に由来するわけではありませんが、この癌の細胞が基底細胞に似ているためこの名がついています。基底細胞癌は、人間に発症する癌の中では最もよくみられる癌です。米国では、毎年100万人以上の人がこの癌を発症しています。基底細胞癌は、日光にさらされる表皮に発生し、部位としては頭と首によくみられます。この癌は、最初は小さくてつやがあり、盛り上がった硬い増殖病変(丘疹)として生じ、非常にゆっくりと大きくなっていきます。成長速度がかなり遅いため、本人は新しい増殖組織だと気づかないこともあります。しかし、成長速度にはかなり幅があり、中には1年で約1センチメートル程度大きくなるものもあります。

基底細胞癌は外観もさまざまです。こぶのように盛り上がって開口部ができ、中央にかさぶたができるものもあれば、赤または青ざめた色の平らな斑状で傷あとのようにみえるものもあります。癌と正常な皮膚の境界線は、皮膚が厚くなり白く光る場合があります。癌の部分からときどき出血し、かさぶたができては治ることを繰り返す場合もあるので、患者本人は癌ではなく潰瘍だと誤解してしまうこともあります。

写真

基底細胞癌

基底細胞癌

この癌は、離れた部位に転移することはまずありませんが、周囲に広がって組織を破壊していきます。基底細胞癌が、眼、口、骨、脳などの近くにできている場合、これが広がると深刻な事態を招きます。しかし、ほとんどの場合、この癌は皮膚の中でゆっくりと成長していくだけです。

診断、治療、予防

基底細胞癌は多くの場合、医師が診ただけで見当がつきますが、診断を確定するために生検を行います(皮膚の病気の診断と治療: 診断を参照)。

治療としては、癌の部分を削り取って電気を通した針で焼き切る治療法(掻爬および電気焼灼法)、あるいは手術による切除を行います。再発した癌、および眼や鼻の周囲にできている癌の場合は、顕微鏡下での手術(モース術)を行うことがあります。放射線療法はほとんど行いません。

基底細胞癌が致死的なものになることはめったになく、治療もたいていの場合成功します。しかし、治療が成功した患者の25%近くは5年以内に基底細胞癌を再発します。したがって、基底細胞癌にかかった人は、癌をチェックするため皮膚の検査を毎年受けるべきです。

基底細胞癌は日光にあたることで引き起こされる場合が多いので、日にあたることを避ける、紫外線防止用の衣類を着用する、日焼け止めを使うなどの予防策が取れます。また、皮膚に何らかの異常が現れて数週間たっても消えない場合、皮膚科を受診することが必要です。

皮膚癌の顕微鏡手術

皮膚癌の細胞は、しばしば皮膚の表面に見えている斑の縁を越えて広がっているため、皮膚癌の手術には癌を完全に切除するために特別な手技を用いることがあります。この手技は米国の外科医モースが考案したことからモース顕微鏡手術、あるいはモース術と呼ばれています。この手術法では、医師は最初に肉眼で見える腫瘍を切除し、次いで切り口の縁を少しずつ切除していきます。手術の間、医師は切り取った組織片をすぐに顕微鏡で調べて癌細胞を探します。切除した組織片の中に癌細胞が見つからなくなるまで、皮膚の切除を続けます。この手術法は、基底細胞癌と扁平上皮癌の場合に有効です。この手術を行う場合、切除する組織の量の限度が決められています。特に、癌が重要な器官、たとえば眼の付近にできている場合は切除範囲の限度を決めておくことが重要です。モース顕微鏡手術には皮膚癌の再発率を抑える効果もあります。なお、黒色腫にはこの方法はほとんど使われません。

すべての癌細胞を切除した後、外科医は切除した部分の皮膚をどう整復するかを決定します。方法としては、皮膚を移植する(移植: その他の臓器の移植を参照)、切除した部分の縁を合わせて縫合する、傷を包帯で覆って皮膚が自然治癒するのに任せる、などがあります。

個人情報の取扱いご利用条件