メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

有棘細胞癌(扁平上皮癌)

-
-

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)とは、扁平上皮細胞(ケラチノサイト)に由来する癌のことです。

扁平上皮細胞とは、表皮を構成している主要な細胞です。有棘細胞癌は普通は日光にあたる部分にできますが、あまり日光にあたらない皮膚や口の中にも発生します。この癌は正常な皮膚にも発生しますが、日光にあたったことでできた前癌状態の皮膚の増殖性変化(日光角化症)(日光角化症:癌の一歩手前の変化を参照)からの発生が多くみられます。有棘細胞癌の特徴は、その部分の皮膚が厚くうろこ状になってゆがんだ形をしていることです。皮膚の色が白い人は、皮膚の色が濃い人より有棘細胞癌になりやすい傾向があります。また、この癌は、慢性皮膚潰瘍などの慢性的なびらんや、やけどなどによる瘢痕の部分の皮膚に発生する傾向があります。

有棘細胞癌では、最初はその部分の皮膚が赤くなり、うろこ状にかさついて皮膚が硬くなり、それが治りません。成長するとともにその腫瘍(しゅよう)は少し盛り上がって硬くなり、表面がいぼのようになることもあります(口にできる腫瘍: 口腔癌の種類を参照)。やがて、癌の部分は開口部のある潰瘍となり、増殖して下にある組織にも広がっていきます。

写真

扁平上皮癌

扁平上皮癌

この癌は、多くの場合は隣接する周囲の組織にしか広がりません。しかし、中には体の他の部位に転移して、命を脅かすこともあります。耳の周囲にできたもの、下唇にできたものは転移しやすい傾向があります。口の中にできた場合もしばしば転移します。

ボーエン病は有棘細胞癌の初期型で、表皮のみにとどまってそれより深い部分には広がりません。発生した部分の皮膚は赤茶色で、うろこ状にかさついて皮が硬くなり、平坦です。乾癬や皮膚炎、真菌感染症(白癬)にかかった皮膚のように見えることもあります。

診断、治療、予防

有棘細胞癌が疑われる場合は、皮膚癌と外見が似ている病気を区別して診断を確定するために生検を行います。

有棘細胞癌やボーエン病の治療は、癌の部分を削り取って電気を通した針で焼き切る治療法(掻爬および電気焼灼法)、あるいは手術による切除を行います。モース術と呼ばれる、顕微鏡下での手術を行うこともあります。ときには放射線療法を行うこともあります。通常はこれらの治療が有効なため、ほとんどの患者が助かります。

体の他の部分に転移した有棘細胞癌は、致死的なものになることがあります。この場合は放射線療法や化学療法を行いますが、治療の成果はあまり上がりません。

有棘細胞癌は日光にあたることで引き起こされる場合が多いので、この癌を防ぐには、日光にあたらないようにし、紫外線を防ぐ衣類を着用し、日焼け止めを使うことです。

個人情報の取扱いご利用条件