メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

悪性黒色腫(メラノーマ)

-
-

悪性黒色腫は、メラニンをつくり出す皮膚細胞(メラニン細胞)から発生する癌です。

メラニン細胞は、色素をつくり皮膚の色を決める色素細胞です。日光がメラニン細胞を刺激すると、メラニンという皮膚の色を濃くする色素がたくさんつくられて、悪性黒色腫を発生するリスクが高まります。

悪性黒色腫は、最初は正常な皮膚に新しくできた小さな濃い色の皮膚の増殖性変化として現れます。多くの場合、日光にさらされる皮膚にできますが、もともとあったほくろに発生する場合もあります(皮膚の良性腫瘍: ほくろを参照)。悪性黒色腫は遺伝することがあります。悪性黒色腫は体の他の部位に非常に転移しやすく、転移したところでも増殖を続けて組織を破壊します。

悪性黒色腫の外観はさまざまです。平坦で不規則な形の茶色の皮疹の中に黒い小さな点がある場合もあれば、盛り上がった茶色の皮疹の中に赤、白、黒、青などさまざまな色の点があるものもあります。黒か灰色の硬いかたまりができることもあります。

写真

悪性黒色腫

悪性黒色腫
悪性黒色腫の注意信号

  • 皮膚にある色素の点(特に黒または濃い青色のもの)やほくろが大きくなった
  • ほくろが変色した。特に、周囲の皮膚に赤、白、茶色、青の色素が広がった
  • 色素の点を覆っている皮膚の大きさや形などが変化した
  • ほくろが出血したり、開口部ができて潰瘍化した

診断、治療、予防

新しくほくろができた場合、あるいはすでにあるほくろが、大きくなる(特に縁が不規則な形になる)、色が濃くなる、炎症を起こす、点状に変色する、出血する、そこの皮膚が破ける、かゆみがある、痛む、などの変化をみせた場合は、悪性黒色腫のおそれがあります。これらの症状がある場合、医師は悪性黒色腫を疑って生検を行います。通常は増殖部分全体を切除し、顕微鏡で調べて悪性黒色腫かどうかを検査します。もし悪性黒色腫だった場合、癌が完全に切除されたかどうかを確認します。

生検にかけられる色の濃い増殖性変化のほとんどは、悪性黒色腫ではなくただのほくろです。しかし、癌が大きくなるよりは、無害なほくろを切除する方がましなのでこのような処置が取られます。一部には、ほくろでも悪性黒色腫でもなく、その中間のようなものもあります。これらは異型性母斑あるいは異型性ほくろと呼ばれ、後に悪性黒色腫に変わるものもあります。

皮膚のどの程度の深さにまで悪性黒色腫が侵入しているかによって、手術が成功するかどうかが決まります。初期段階で最も浅い悪性黒色腫であれば、ほぼ100%は手術で治ります。したがって、手術では周囲の皮膚を腫瘍の縁から最低でも約1センチメートルは一緒に切除します。しかし、皮膚の中に約0.8ミリメートル以上侵入している悪性黒色腫の場合、リンパ管と血管を通じて転移する可能性が非常に高くなります。転移した悪性黒色腫は、致死的なものになることがしばしばあります。

転移した悪性黒色腫には化学療法を行いますが、治療の効果はあまりありません。このような治療を行っても、余命が9カ月を切る場合もあります。とはいえ、この癌の進行の仕方には幅がありますし、患者の体の免疫防御能によっても差があるので、たとえ悪性黒色腫が転移しても健康を保って何年も生存する人もいます。インターロイキン‐2とワクチンを使って、悪性黒色腫の細胞を攻撃する体の能力を刺激するという新しい実験的治療法が、治療に使われて成果を上げています。

悪性黒色腫は日光に長期間あたることで引き起こされる場合が多いので、子供のころから日にあたることを避ける、紫外線を防ぐ衣類を着用する、日焼け止めを使うなどの予防策が取れます。一度悪性黒色腫を発症した人は、再発するリスクが高くなります。そのため、患者は毎年皮膚科で検査を受けるべきです。ほくろが多い人も、全身のほくろの検査を年に1回は受ける方がよいでしょう。

個人情報の取扱いご利用条件