メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

カポジ肉腫

-
-

カポジ肉腫は、色はピンク色、茶色、紫色などで、複数の平坦な皮疹またはこぶが皮膚にできる病気です。原因はヘルペスウイルス8型(HHV-8)です。

カポジ肉腫を発症する人はいくつかのグループに分かれており、グループごとに症状や進行が異なります。それぞれ、高齢の男性で主に地中海系あるいはユダヤ系の人、アフリカの一部地方出身の小児と若い男性、臓器移植後に免疫抑制薬の投与を受けている人、エイズ患者(米国ではカポジ肉腫を発症する人のほとんどはエイズ患者)です。

症状

高齢の男性では、カポジ肉腫は紫色や濃い茶色の、単独のしみ(斑点)としてつま先や脚にできます。この癌は数センチメートルからそれ以上まで大きくなり、色は濃くなってその部分は平らか、わずかに盛り上がり、出血しやすくなって潰瘍化します。脚にはそのほかにも同様のしみがいくつか現れることがありますが、カポジ肉腫はほとんど転移せず、命にかかわることはほとんどありません。

写真

カポジ肉腫

カポジ肉腫

その他のグループの人々では、カポジ肉腫はもっと悪性です。皮膚に現れるしみは高齢男性の場合と似ていますが、もっと数が多く、体中どこにでもできます。これらのしみは数カ月以内に体の他の部位に広がりますが、口の中にできることも多く、そうなるとものを食べる際に痛みます。この腫瘍はリンパ節や内臓にもできます。特に消化管にはできやすく、この場合下痢と出血を引き起こし、便に血が混じるようになります。

診断と治療

カポジ肉腫は外見で区別できます。通常は、診断を確定するための生検を行います。

高齢の男性で、成長の遅いカポジ肉腫が1〜2個できているような場合は、手術または凍結させて取り除きます。しみがたくさんできている場合は放射線療法を行います。しみの数が少なく、他の症状がまったく出ていない場合は、症状が広がるまでは治療を受けないという選択もあります。

悪性のカポジ肉腫患者で体の免疫システムが正常な場合は、インターフェロン‐アルファや化学療法薬を使うと効果が得られます。

免疫抑制薬の投与を受けている人の場合、これを中止すると腫瘍が消えることがあります。免疫抑制薬による治療を継続しなければならない患者の場合、化学療法と放射線療法を行います。しかし、免疫システムが正常な人の場合に比べ、これらの治療の効果は芳しくありません。

エイズ患者の場合、化学療法や放射線療法の効果はあまりありません。エイズ治療薬による集中治療で本人の免疫システムの機能が改善された場合は、良い結果が得られます。一般的に、カポジ肉腫の治療を行っても、エイズ患者の延命効果は期待できません。

個人情報の取扱いご利用条件