メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

耳、鼻、のどは互いに近くに位置し、関連した機能を担っています。耳と鼻は感覚器官で、聴覚、平衡感覚、嗅覚(きゅうかく)をつかさどります。のどは主として、食べものや飲みものが食道へ入るときの通り道と、空気が肺へ入るときの通り道として働きます。耳、鼻、のどにかかわる病気は多く、かかりつけ医に診てもらう身近な病気もあれば、専門の耳鼻咽喉科医を受診して診断や治療を受けるものもあります。

個人情報の取扱いご利用条件