メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による影響

-
-

年をとると耳、鼻、のどの機能にも大きな影響が出てきます。老化に伴う影響は、組織や器官に自然に生じる衰えのほか、雑音、感染による影響の蓄積、飲酒や喫煙の影響など、さまざまな要因によってもたらされます。

聴力の低下が進み、特に高い音が判別しにくくなります(老人性難聴)。その結果、人の話が聞き取りにくくなります。内耳前庭の平衡失調や耳鳴りも高齢者に多くみられますが、これは年をとったからといって必ず生じる現象ではありません。

嗅覚も年齢とともに衰えることがあり、ものの味がよくわからなくなります。声も変化します。喉頭の組織が硬くなることによって、声の高さや声質が変わり、かすれた声になります。咽頭組織の老化によって、飲みこんだ食べものや飲みものが漏れて気管に入ってしまう場合もあります。これを吸引または誤嚥(ごえん)といい、繰り返し起こる場合や激しい場合には、肺炎の原因になります。

個人情報の取扱いご利用条件