メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

軟骨膜炎

-
-

軟骨膜炎は、外耳の軟骨が感染によって炎症を起こした状態です。

耳のけが、やけど、虫刺され、ピアス、おできなどが軟骨膜炎を引き起こすことがあります。軟骨膜炎はまた、免疫力が低下している人や糖尿病の人に起こりやすい傾向にあります。最初は耳が赤くなり、痛みや腫れなどの症状が出ます。発熱することもあります。軟骨とその周囲の結合組織層(軟骨膜)の間に膿がたまります。軟骨への血液の流れが膿によって遮断されると、軟骨が壊死(えし)して、耳が変形してしまう場合もあります。軟骨膜炎は耳の変形など破壊的な結果にもつながる長期にわたる感染症ですが、症状としては軽い不快感がみられる程度です。

治療するには切開して膿を出し、軟骨への血流を回復させます。感染が軽ければ抗生物質を内服し、重い場合は注射や点滴で静脈内に投与します。使用する抗生物質の種類は感染の重症度と、感染を引き起こしている細菌の種類によります。

個人情報の取扱いご利用条件