メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

中耳は鼓膜と鼓室で構成されています。鼓室は空気で満たされた空間で、3つの骨が連結した耳小骨があり、鼓膜と内耳をつないでいます(耳、鼻、のどの構造と機能: 中耳を参照)。内耳はリンパ液で満たされた空間で、主に2つの部分で構成されています。1つは聴覚器官である蝸牛(かぎゅう)、もう1つは半規管、球形嚢(きゅうけいのう)、卵形嚢(らんけいのう)で構成される平衡器官の内耳前庭です。中耳が音を増幅する役割を果たし、内耳は機械的な信号である音波を電気信号に変換しています。この電気信号が内耳神経(平衡聴覚神経)を通って脳に送られます。中耳と内耳の病気では共通した症状も多くみられ、中耳の病気が内耳に影響を与えることもあれば、その反対もあります。

個人情報の取扱いご利用条件