メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

感染性鼓膜炎

-
-

感染性鼓膜炎は、ウイルスや細菌の感染により鼓膜が炎症を起こした状態です。

鼓膜炎はさまざまなウイルスや細菌の感染が原因で生じ、最も多いのはマイコプラズマによるものです。鼓膜が炎症を起こし、その表面に小さな水疱(すいほう)ができます。水疱は中耳炎でもできますが、感染性鼓膜炎の場合は中耳の膿や耳だれ(液状の分泌物)はみられません。

痛みは突発的に起こり、24〜48時間続きます。聴力低下が生じることもあります。

鼓膜炎は耳鏡で鼓膜を観察して診断します。感染がウイルス性か細菌性かを判断するのは難しいため、多くの場合は抗生物質と鎮痛薬を用いた治療が行われます。痛みを和らげるために、小さなメスで水疱を破ることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件