メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

急性中耳炎

-
-

急性中耳炎は、ウイルスや細菌の感染により中耳が炎症を起こした状態です。

急性中耳炎はウイルスや細菌の感染によって起こり、かぜやアレルギーの合併症としてよくみられます。成人より小児に多い病気ですが、症状や治療法は、成人と年長児ではほぼ同様です(耳、鼻、のどの病気: 急性中耳炎を参照)。

感染が起こると耳が痛み、鼓膜が赤く腫れます。急性中耳炎はほとんどが自然に治癒しますが、悪化するかどうかを予測するのは難しいため、多くの医師は全例にアモキシシリンなどの抗生物質による治療を行っています。アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は痛みを和らげます。フェニレフリンが入ったうっ血除去薬も効果があります。抗ヒスタミン薬はアレルギーによる中耳炎の場合は有効ですが、かぜには効果はありません。

写真

急性中耳炎

急性中耳炎

痛みや熱が激しかったり長びく場合、また鼓膜の腫れがみられる場合には、鼓膜切開を行って滲出液(しんしゅつえき)を中耳から排出します。鼓膜を切開しても聴力に影響はなく、切開した穴も普通は自然にふさがります。中耳炎を繰り返し起こす場合は、鼓膜を切開して滲出液を排出するチューブ(鼓膜チューブ)を設置する必要があります(耳の反復性感染症を鼓膜チューブで治療を参照)。

耳が痛むとき

耳が痛むと、その原因は耳にあるように感じられます。しかし実際には、痛みの発生源は耳の場合もあれば、耳と同じ神経を共有している周辺組織の場合もあります。後者のタイプの痛みを関連痛といいます。

耳に原因がある痛みの多くは、感染によるものです。小児の耳の痛みでは、中耳炎が最もよくある原因です。外耳炎も痛みが強く、小児にも成人にも起こります。中耳と鼻の奥を結ぶ耳管がふさがり、中耳の内圧と外気圧に差が生じた場合にも、痛みを感じます。このような症状は、飛行機に乗っているときやダイビングをしているときに生じます。つばを飲みこんだり鼻をかんだりすると気圧差が解消され、痛みがなくなることがあります。

原因が耳以外にある痛みは、鼻やのどのさまざまな部位に生じた感染や腫瘍が原因の場合があります。耳の痛みがあるにもかかわらず耳に問題がない場合は、鼻、副鼻腔、歯、歯ぐき、顎関節、舌、扁桃、咽頭、喉頭、気管、食道、耳下腺に異常がないか調べます。これらの組織に癌ができると、最初の症状として、耳の痛みのように感じられる疼痛が現れます。

個人情報の取扱いご利用条件