メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

側頭骨骨折

-
-

頭部の強打により、側頭骨(外耳道の一部と中耳、内耳を取り囲む頭蓋骨)が折れたり、ひびが入ることがあります。

側頭骨を骨折すると、しばしば鼓膜が破れ、耳小骨や蝸牛にも損傷が及ぶことがあります。

骨折した側に、顔面神経麻痺や重度の難聴などの症状が現れます。難聴のタイプには伝音性、感音性、あるいは両者の混合型があります。耳から出血したり、鼓膜の奥に血がたまったり、耳の裏側にあざができることがあります。ときに骨折部から脳脊髄液が漏出することがあり、透明な液体が耳や鼻から出てきます。脳脊髄液の漏出がある場合は、脳が感染を起こすおそれがあります。

診断はCT検査によって行います。治療では通常、髄膜炎(脳を覆っている組織の感染)を防ぐために抗生物質を静脈から投与します。顔面神経が圧迫されていて顔面の麻痺が長びく場合は、手術を行って症状を緩和します。鼓膜や耳小骨の損傷がある場合は、数週間から数カ月後に必要に応じて再建手術を行います。

個人情報の取扱いご利用条件