メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

鼻骨の骨折

-
-

鼻骨は顔の中で最も折れやすい骨です。鼻骨が折れると、鼻の内側を覆う粘膜が破れて鼻出血が起こります。たいていは、鼻梁(びりょう)が左右のどちらかに曲がってしまいます。ときには鼻中隔の軟骨が破損することもあり、鼻中隔の軟骨周辺に血液がたまると、軟骨が壊死(えし)してしまいます。壊死した軟骨は次第に崩れ、鼻梁の中央がへこんだ鞍鼻(あんび)と呼ばれる鼻の変形を起こします。

診断と治療

鼻に鈍い衝撃を受けた後に鼻出血、痛み、腫れがみられる場合は、骨折している可能性があります。2時間ごとに15分間ずつ患部を氷のうなどで冷やし、頭を高くして寝ていると痛みと腫れが軽減しますが、必ず医師の診察を受ける必要があります。

粘膜などの軟らかい組織はすぐに腫れるため、骨折してから時間がたつと患部が診察しにくくなります。このため、けがをした直後の数時間以内に受診するか、さもなければ腫れが引きはじめてから、骨がずれた位置で固定しないうちに診察を受ける必要があります。医師は鼻梁にそっと触れ、形や骨の配列の異常、骨の異常な動き、折れた骨が動いて触れ合う感触、圧痛などを確認することによって、骨折を診断します。骨の位置を調べる精度において、鼻のX線検査は、医師の眼と指先の正確さには及びません。

写真

鼻の骨折

鼻の骨折

医師は普通、3〜5日ほど待って腫れが引いてから、骨折した骨を正しい位置に押し戻す整復処置をします。腫れが治まってから処置をすることで、折れた骨が正しい位置に戻ったかどうかを眼と指先で判断しやすくなります。鼻骨骨折では骨の位置が正常のまま保たれていることも多く、その場合には整復の必要はありません。整復を行うときは、まず、成人には局所麻酔、小児には全身麻酔を行います。鼻中隔に血液がたまっている場合は、鼻中隔の粘膜を小さく切開して排出し、軟骨の壊死を防ぎます。次に、指で骨を正しい位置に戻します。その後、鼻の外側からプレート状の添え木をあてたり、鼻の中にガーゼなどを詰めて固定します。鼻骨の骨折は約6週間で治癒しますが、鼻中隔の軟骨が折れた場合は整復が難しく、後で手術が必要となることもよくあります。

個人情報の取扱いご利用条件