メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

鼻中隔弯曲症

-
-

鼻中隔は、通常は左右の鼻孔のほぼ真ん中に、おおむね真っすぐに伸びています。ときに、生まれつきの奇形やけがなどで鼻中隔が弯曲(わんきょく)し、一方の鼻孔が他方に比べて大幅に小さくなっていることがあります。もっとも、たいていの人の鼻中隔は多少は曲がっているため、左右の鼻孔の大きさが多少異なるのはよくあることです。わずかな弯曲であれば症状もみられず、治療は不要です。しかし、大きな弯曲があると、鼻孔の一方がふさがれてしまいます。こうした人は副鼻腔炎を起こしやすく、特に副鼻腔から鼻腔への排液が妨げられるとその傾向が強まります。また、鼻中隔が曲がっているとカーブの部分に空気があたって粘膜が乾燥し、鼻出血を起こしやすくなります。呼吸が妨げられるほどの弯曲があれば、手術で矯正します。

写真

鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症

個人情報の取扱いご利用条件