メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

声帯結節と声帯ポリープ

-
-

声帯結節と声帯ポリープは非癌性の良性腫瘍で、声のかすれを起こします。

声帯の異常

声帯の異常

声を出していない状態では、声帯の入り口はV字型に開き、空気が気管へと自由に通るようになっています。声帯は声を出しているときは開き、ものを飲みこむときには閉じます。

医師は口の奥に鏡を入れて声帯を調べ、接触性潰瘍、ポリープ、小結節、麻痺、癌など声に影響を及ぼす異常がないかチェックします。麻痺は片側だけの場合と両側の場合があります。

声帯結節と声帯ポリープは似たような状態で、主にのどの使いすぎ(長時間歌う、大声を出すなど)が原因で起こります。タバコの煙や工場の排煙、夜間に起こる胃酸の逆流といった慢性的な喉頭への刺激も、声帯に結節やポリープができる原因になります。形は似ていますが、ポリープの方が結節よりもやや大きく、突き出た状態になる傾向があります。

数日から数週間の間に声の変化が生じ、慢性的なかすれ声や呼吸音の混じった声などが症状として現れてきます。声帯の内視鏡検査により診断されます。腫瘍が癌ではないことを確かめるため、小さな組織片を採取して顕微鏡で調べることもあります(生検)。

喉頭への刺激を避け、のどを休めることが治療の中心になります。のどの使いすぎが原因である場合には、スピーチセラピストによる音声療法を受け、声帯にあまり負担をかけずに話したり歌ったりする方法を学ぶ必要があります(訳注:日本では言語聴覚士が言語と聴覚の専門資格に相当します)。結節はほとんどの場合こうした治療で消失しますが、ポリープでは多くの場合、その人本来の声を取り戻すには手術で切除する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件