メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

声帯麻痺

-
-

声帯麻痺(反回神経麻痺)は、声帯をつかさどる筋肉を動かせなくなった状態です。

声帯麻痺は反回神経麻痺ともいい、片側または両側の声帯に起こります。麻痺の原因には、脳腫瘍、脳卒中、脱髄疾患(多発性硬化症とその関連疾患: はじめにを参照)といった脳の障害や、喉頭へつながる神経の損傷などがあります。神経の損傷は、良性腫瘍や悪性腫瘍、けが、ウイルスによる神経の感染、鉛やジフテリア毒素などの神経毒(神経組織を侵したり破壊する作用をもつ物質)によって引き起こされます。

症状と診断

声帯麻痺では、発声、呼吸、ものを飲みこむ動作が影響を受けます。麻痺があると、食べものや飲みものが気管や肺に入ってしまうおそれもあります。麻痺が片側の声帯だけの場合は、かすれて呼吸音が混じった声になります。麻痺がない側の正常な声帯がうまく開けば、普通は気道がふさがることはありません。両側の声帯が麻痺すると、声が弱くなりますが、それ以外の点では普通に聞こえます。しかし、麻痺した声帯の間の空間は非常に狭くなり、空気の通り道が不十分になるため、軽い運動でも呼吸困難が生じ、呼吸のたびに高い雑音が混じります。

麻痺の原因を突き止めることが重要です。内視鏡で喉頭、気管支、食道を調べます。必要に応じて、頭や首、胸、甲状腺のMRI検査またはCT検査、食道のX線検査を行うこともあります。

治療

治療の第1の目標は、麻痺した声帯によって気道がふさがれるのを防ぐことです。麻痺が片側のみの場合は、甲状軟骨形成術という手術を行って、普通に声を出すのに最も適した位置へ麻痺した声帯を移動させます。両側の声帯が麻痺している場合は、気道の十分な広がりを保つことが難しいので、気管切開(首を切開して気管に通じる穴をあける手術)を行うことが必要となります。気管切開による開口部は、恒常的に用いる場合と、上気道感染を起こした場合のみ用いる場合があります。このほか、左右の声帯を永久的に離して気道を広げる披裂(ひれつ)軟骨切除という方法もありますが、この処置を行うと声の質が悪くなることがあります。

個人情報の取扱いご利用条件