メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による変化

-
-

中年になると、水晶体の柔軟性が失われはじめ、厚くなりにくくなります。そのため、近くのものに焦点が合わせにくくなります。これが老視(老眼)といわれる状態です。老視は、老眼鏡や二焦点レンズの眼鏡で矯正(補正)できます。

高齢者では、長年にわたって紫外線、風、ほこりなどにさらされてきたことによって強膜が黄ばんだり、茶色くなるといった変化が起こります(この色調変化は皮膚の色が濃い人に強く出る傾向があります)。強膜が薄くなって色が青みがかることもあります。

結膜内の粘液細胞の数も、加齢とともに減少することがあります。涙の産生量も年をとるとともに減少し、眼の表面をうるおすための涙の量が不足がちになります。高齢者がドライアイになりやすいのは、このような変化が原因です。

角膜の周辺に現れる灰色がかった白い輪はカルシウム塩やコレステロール塩の沈着物で、老人環と呼ばれます。60歳以上の人によくみられる現象ですが、視力には影響はありません。

網膜の病気(網膜の病気: はじめにを参照)のうち、たとえば黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剥離(もうまくはくり)などは老年期に起こりやすい病気です。白内障やドライアイも高齢者によくみられます。

まぶたを閉じるために働く筋肉の力は年とともに弱まります。この現象に加えて、年をとってまぶたがたるんでくると、下のまぶたが眼球から離れてしまうことがあります。これがまぶたの「外反」(眼瞼外反[がんけんがいはん])と呼ばれる症状です。眼窩の周囲の脂肪が縮んだために眼球が眼窩の中に陥入してしまう人もいます。

年をとると、瞳孔の大きさを調節する筋肉も弱まります。瞳孔が小さくなって光に対する反応が緩慢になり、暗い所で瞳が大きくなる速度も遅くなります。そのため、60歳以上の人は明るさが足りないと感じたり、戸外に出た直後や夜間の運転中に対向車が来たときには光をまぶしく感じたりします。また、明るい場所から暗い場所へ移動したときにものが見づらくなる人もいます。このような変化に白内障による影響が重なると、ものを見るのに非常に困難を感じます。

年をとると、これ以外にも眼の機能に変化がみられます。その人に最適の眼鏡をかけていても視力は徐々に落ちていきます。網膜の後方に届く光の量が減るので、照明をより明るくして、ものと背景のコントラストをくっきりさせることが必要になります。色覚や深径覚(ものの奥行きを認識する力)も衰えます。老年期には、視野の中にたくさんの黒い点が浮かぶ症状が出ることもあります(飛蚊症[ひぶんしょう])。飛蚊症は視野を著しく妨げるものではありません。

個人情報の取扱いご利用条件