メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

眼の症状には、(1)視力の異常、(2)眼の外観の変化、(3)眼の感覚の変化―などがあります。眼にこれらの症状が出た場合は眼そのものに原因があることが多いのですが、眼以外の病気による場合もあり、特に脳の病気によるケースがかなりあります。また、体のさまざまな器官に影響を与える病気の症状の1つとして眼に症状が出ることもあります。

眼に何らかの症状が出た場合は、かかりつけの医師の診察を受ける必要があります。しかし、多くの眼の病気はその初期段階では自覚症状がほとんどありません。したがって、眼科医やオプトメトリスト(屈折異常を扱う米国の専門資格)による定期的な検査を1〜2年に1回程度(眼の状態によってはもう少し頻繁に行う方がよい)受けるべきです。

眼や視力に異常を感じた場合は、どの部位にどのような異常を感じるか、それがどの程度の期間続いているかを診察時に伝えます。その上で訴えに応じた眼の検査が行われますが、場合によっては眼以外の検査も行われます。

個人情報の取扱いご利用条件