メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

症状

-
-

視力の異常

視力の異常には視力喪失、視覚のゆがみなどがあります。

視力喪失: 視力喪失とは、ものが完全にまたはほとんど見えなくなった状態です。つまり視力喪失には、(1)まったく何も見えない場合、(2)明るいか暗いかの識別だけができる場合、(3)ものの形がぼんやり見える場合―があります。視力喪失では、視野の一部が失われることもあれば全部が失われることもあり、また片眼の場合と両眼に起こる場合があります。一時的な症状である場合も、永続的な場合もあります。本人が視力の異常にどの段階で気づくかは、視力喪失のタイプや進行する速さなどに左右されます。すぐに気づくケースもあれば、しばらくの間、気づかずにいるケースもあり、交通事故などがきっかけで徹底的な視力検査を受けて視力喪失が発見される場合もあります。

完全な視力喪失は、片眼だけに起こることも両眼に起こることもあります。原因として多いのは網膜への血流障害、糖尿病、視神経の病気、緑内障などです。熱帯地域では、トラコーマのような感染症が原因になることもあります。

視力喪失には、視野の一部だけが失われるタイプも多くあります。脳卒中を起こした人で、視野の片側が完全に失われてももう一方の側はまったく正常という人もいます。脳下垂体(大脳の下にあり、視交差の後ろに位置する)に腫瘍(しゅよう)がある人では、視野の端の方ではものが見えず、中心部だけは正常に見える人がいます(トンネル視)。片頭痛患者では、頭痛が起こる前に一時的に(通常は20分程度)視力異常が生じて、視線より上、下、右、あるいは左の領域が見えなくなる人がいます。黄斑変性では、自分が直接見つめているものが見えなくなりますが、周辺の視野ではものを見ることができます(「眼の端」ではものが見える)。糖尿病網膜症や高血圧網膜症など網膜に損傷を与える病気もたくさんあり、その結果、視野の一部が不規則な形で欠損することもあります。緑内障を治療しないでいると、周辺視野の一部欠損やトンネル視などが生じ、そのままにしておくといずれは完全に失明します。

失明や視力障害の原因

何らかの障害があって眼球後部に光が届かなかったり、あるいは眼球後部から視神経を通じて送られる信号が脳に届かなかったりすると、視力に影響が出ます。米国では、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力が0.1に満たない状態が法的な失明として定義されています。法的な失明者の多くは、ものの形や明暗を見分けることができますが、詳細は識別できません(訳注:日本の身体障害者福祉法では、両眼の視力の和が矯正しても0.01以下の状態を視覚障害一級と定義しています)。

失明は、以下のような原因で起こります。

  • 光が網膜に届かない
    • 感染による角膜の損傷:トラコーマやハンセン病、回旋糸状虫症のような感染症によって角膜に不透明な傷や瘢痕(はんこん)ができる
    • ビタミンA欠乏による角膜の損傷:ドライアイ(角膜軟化症)が起こり、角膜に不透明な瘢痕ができる
    • 白内障
  • 光が網膜で正しい像を結ばない
    • 眼鏡やコンタクトレンズでは完全に矯正できない重度の屈折障害
  • 網膜が光を正常に感知できない
    • 網膜剥離(もうまくはくり)
    • 糖尿病
    • 緑内障
    • 黄斑変性
    • 網膜色素変性症
  • 網膜からの神経信号が脳へと正常に伝達されない
    • 脳腫瘍による、視神経あるいは脳内の視神経伝達路の圧迫
    • 多発性硬化症など、神経系の病気
    • 網膜への血流不足:多くは網膜動脈、網膜静脈の血栓や側頭動脈炎が原因
    • 視神経の炎症(視神経炎)
  • 脳が眼から送られた信号を処理できない
    • 脳卒中や脳腫瘍による、脳の視覚を処理する領域(視覚野)への影響

視覚のゆがみ: 視覚のゆがみとは、ものがはっきりと正確に見えなくなることをいいます。症状としては、屈折異常、奥行き感覚の欠如、複視、光の周囲にぎらつき(グレア)やにじみ(ハロ)が見える、明滅する光や閃光が見える、飛蚊症―などがあります。また、色覚異常もこれに含まれます。

乱視の検査方法

乱視の検査方法

乱視とは、角膜や水晶体のカーブが不規則である(方向によってカーブの程度が異なる)ことが原因で、光の入ってくる方向によって焦点の位置が違ってしまう状態です。たとえば、垂直方向の線に焦点が合っているとき、水平方向の線に焦点が合わなかったりします(逆もあり)。この不規則性は垂直方向や水平方向以外の方向でも起こり、左右の眼で異なっていることもあります。乱視がある人は、さまざまな角度の線が書かれた乱視の検査表を見たときに、ある線がほかの線より太く(つまり、より焦点が合った状態に)見える傾向があります。乱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正できます。近視や遠視の人は、乱視を併発しやすい傾向にあります。

下の図は、乱視の検査に使われる標準的なチャートです。検査は片眼ずつ行います。

屈折異常が起こると、ものがぼんやりとしか見えず、焦点が合いません。屈折異常は、角膜や水晶体の形と眼の軸の長さが合っていないために起こります。遠くのものだけがぼやけて見える場合は、近視といいます。逆に近くのものだけがぼやけて見える場合は、遠視といいます。中年期にさしかかると、近くに焦点を合わせにくくなってきます(老視)。老視は、若いころの視力の良しあしには関係なく、だれにでも起こります。乱視も屈折異常の1つです。乱視は角膜や水晶体のカーブが不規則であるために起こるもので、ものがわずかにぼやけて見えるようになります。乱視だけが単独で起こる場合と、その他の屈折異常と一緒に現れる場合があります。

奥行き感覚(深径覚)とは、空間内でものの位置関係を感じとる能力のことです。奥行き感覚に障害が出ると、2つのものを見たときそのどちらが自分に近い位置にあるのかがわからなくなります。片方の眼に視力喪失や屈折異常があると奥行き感覚が低下します。また、左右の眼にそれぞれ映った2つの像を1つの3次元画像に統合する脳の機能が損なわれた場合にも奥行き感覚が低下し、その結果、複視(ものが二重に見える状態)が生じます。しかし、奥行きの把握を助ける情報に関しては片方の眼からだけでもかなりの情報量が脳に伝達されているので、片眼を閉じてもう片方の眼だけで2つのものを見たときも、普通はどちらが自分に近いかを識別できます。

複視とは、1つのものを見たときにそれが2つに見えてしまうことをいいます。複視は、眼の動きを調節している筋肉のうちの1つあるいは複数の筋肉が弱まって斜視(眼の病気: 斜視を参照)が生じたときに起こることがあります。その他の原因としては、疲労、アルコール依存症、多発性硬化症、外傷、白内障などがあります。複視が突然生じた場合は、腫瘍、動脈瘤(どうみゃくりゅう)、血栓などの重い病気が脳や神経に起こっている可能性があります。

明るい光の周囲に光のぎらつき(グレア)やにじみ(ハロ)を感じる人もいます。これは、特に夜間に車を運転しているときによく起こります。このような症状は高齢者や、特定の屈折矯正手術を受けた人、特定の種類の白内障の人でよくみられます。瞳孔が大きく開いた状態の人、たとえば、眼の検査のため点眼薬を使った後や、もともと瞳孔が大きい人なども光のぎらつきやにじみを感じることがあります。瞳孔が大きく開いた状態だと、光は水晶体の周縁部からも眼の中に入ってきます。このような光は瞳孔の中央部を通って入ってきた光とは屈折の仕方が異なるので、それによってぎらつきが生じます。

高齢者の多くは、薄暗くなるとものが見えにくくなります。このような症状を夜盲(俗に「とり目」)ともいいます。夜盲の原因として最も多い病気は白内障ですが、網膜色素変性症などの網膜変性症でも夜盲が現れます。

閃光や、明滅する光が見えるなどの症状を感じる人もいます。このように感じるのは、眼の後ろ側の部分を満たしているゼリー状の液体(硝子体[しょうしたい]液)が動いているためであることが多いのですが、網膜剥離や片頭痛が原因であることもあります。閃光は、後頭部を殴られたりぶつけたりしたときにも見えることがあります(俗に「眼から星が出る」などと表現されます)。これは脳の中で像が変換される部分に刺激が与えられるために起こると考えられています。

飛蚊症とは、眼の前に暗い色の動き回る小さな点が現れる症状です。これは、硝子体液を構成している微細な線維のかたまりが動くのが見えているものです。動きは速いこともあれば、ゆっくりの場合もあります。年齢が高くなるにつれて飛蚊症を訴える人は多くなります。飛蚊症が視力に影響を与えることはまれで、通常は問題ないと診断されます。しかし、点の数が急激に増えた場合、特に閃光を見る症状と一緒に起こった場合は、網膜剥離などの重篤な病気を起こしている可能性があるので、眼科医の診察を受ける必要があります。

色覚異常の人は、ある特定の色を認識できません。あるいは、色覚が正常な人と比較して、特定の色の感じ方の強度が異なる場合もあります。たとえば、最も多い色覚異常の赤緑色盲では、暗い緑色や淡い緑色、あるいは暗い赤色や淡い赤色の識別がつきにくくなります。緑と赤の両方が識別しにくい場合もあります。多くの場合、異常の程度は軽く、色覚検査を受けて初めて自分が色覚異常であることに気づく人も少なくありません。

色覚異常の原因

色覚異常は、色の見え方に影響を与えます。色覚異常は先天的なものであることが多く、ほとんどはX染色体上の劣性遺伝子により引き起こされます。したがって、色覚異常をもつ人のほとんどは男性です。女性はこの遺伝子をもっていても発症することはほとんどありませんが、子供にはその遺伝子が引き継がれる可能性があります。

色覚異常の中には眼の問題が原因ではなく、脳での色の認識に異常があるために起こるものもあります。しかし、ほとんどの色覚異常は、眼球後部にある光受容体細胞の一部が失われていることが原因で起こります。

色覚異常の多くは、光受容体細胞のある型の相対的な不足、あるいは異常が原因です。色覚異常のタイプとしては、赤緑色盲が最も多くみられます。青黄色盲は後天的であることが多く、視神経の病気により起こります。

血縁者に色覚異常の人がいることがわかっていたり、服の色合わせがうまくいかないことから、自ら希望して色覚検査を受ける人もいます。色覚異常があっても気づかずにいる人も少なくありませんが、飛行機のパイロットのように、色の識別が職業上必要である人の場合は、検査により発見されます。

眼の外観の変化

眼の外観の変化で最も多いのは、眼が充血して赤くなることです。さまざまな原因によって結膜の血管が広がり、そのために白目の部分が赤くなって見えるのです。原因としては疲労、アレルギー、感染、角膜のこすり傷、角膜潰瘍、眼内の異物などが挙げられます。ひどいせきや眼の打撲が原因で結膜の血管が切れ、白目の部分に鮮やかな赤い斑点ができることもあります。出血のため白目全体が真っ赤になることもあります。霰粒腫(まぶたと涙腺の病気: 霰粒腫を参照)(さんりゅうしゅ:まぶたの端にできる炎症性の腫れもの)、アレルギー、まぶたや副鼻腔(ふくびくう)への細菌感染などによっても、まぶたや眼の周辺組織が赤くなることがあります。

黄疸(おうだん)になると肌が黄色くなりますが、このときに白目の部分も黄色くなります(肝臓の病気でみられる症状: 黄疸を参照)。

虹彩や結膜に黒っぽい点が現れることがあります。これは、生まれつきのものもあれば、年をとるにつれて現れるものもあります。多くは気にする必要のないものですが、黒っぽい点が大きくなる場合は、癌でないことを確認するため眼科医の診察を受ける必要があります。

瞳孔は、普段は同じ大きさを保っていますが、暗い所に行くと大きく開き(散瞳)、明るい所では小さくなります(縮瞳)。眼の治療に使われる薬の中には、瞳孔を開くものや収縮させるものがあります。モルヒネのようなオピオイド系の薬は瞳孔を収縮させます。アンフェタミン、抗ヒスタミン薬、コカイン、マリファナは瞳孔を拡大させます。

瞳孔の大きさが不均等で、片側が大きく片側が小さいといった症状は、眼の外傷や炎症、瞳孔を調節する神経の損傷、頭部外傷、脳腫瘍、眼の片側だけに点眼薬を使用した場合などにみられます。梅毒にかかっている人は、瞳孔が小さく不規則な形になっていることがあります(アーガイル・ロバートソン瞳孔)。生まれつき両眼の瞳孔の大きさが異なる人も、わずかながら存在します。

まぶたなどの眼の周辺部にも、見てわかる変化が現れることがあります。例として、まぶたが垂れ下がってくる症状(眼瞼下垂[がんけんかすい])があります。これは重症筋無力症(末梢神経の障害: 重症筋無力症を参照)が原因で起こることもあります。また、眼が大きく見開かれて突出することがありますが、これは眼球が前に押されて起こる症状で(眼球突出症)、グレーヴス病(甲状腺の病気: 原因を参照)などでみられます。

アレルギーや感染症、炎症(霰粒腫や麦粒腫[ばくりゅうしゅ:いわゆる「ものもらい」]など)は、まぶたに腫れを引き起こします。まつ毛の毛根に感染が起こると、まつ毛が抜け落ちることがあります。アレルギーや感染症では眼の分泌に異常が生じることがあり、この分泌物(目やに)が固まると眼が開けにくくなったりします。

眼の感覚の症状

眼の周辺や眼の中、あるいは眼の裏側に痛みが生じることがあります。角膜で生じる痛みは鋭く、多くの場合まばたきをするとひどくなります。「眼に何かが入った」という感じがすることもあります。角膜の痛みを引き起こす原因としては、角膜のこすり傷、異物の侵入、ドライアイ、角膜潰瘍、感染症などがあります。急性閉塞隅角緑内障では、眼の奥にうずくような痛みが生じます。しかし、慢性緑内障では痛みがない場合がほとんどです。眼の内側に原因のある痛みは、眼球の圧痛(押すと痛みを感じる)を伴うことがあります。眼の奥の方に突き刺すような痛みがある場合は、眼の厚い表層部分の重度の炎症である強膜炎や、眼の内部組織の炎症であるぶどう膜炎である可能性があります。

明るい光をまぶしく感じること(羞明[しゅうめい])は、よく晴れた日や、暗い場所から明るい太陽光の下に出たときには普通の人でもよくあることです。しかし、片頭痛や、前眼部の炎症あるいは感染症(角膜炎、ぶどう膜炎)などさまざまな眼の病気、眼の外傷などが原因で、普通の光でも非常にまぶしく感じる場合があります。また、髄膜炎(ひどい頭痛や首のこりも伴う)が原因のこともあります(脳と脊髄の感染症: 急性細菌性髄膜炎を参照)。瞳孔を開いた状態にする薬(散瞳薬)を使った場合にも羞明が起こります。

眼のかゆみの原因としてはアレルギーがあり、多くの場合、眼がうるむ症状(涙目)を伴います。まぶたの炎症(眼瞼炎)もかゆみを引き起こすことがあります。かゆみは、感染症やシラミなどの寄生虫によっても引き起こされます。

眼の乾きは、涙量の不足や涙がすぐ蒸発してしまう状態など、さまざまな原因で起こります。頻度はやや低くなりますが、ビタミンA欠乏症やシェーグレン症候群(まぶたと涙腺の病気: はじめにを参照)が原因の場合もあります。

個人情報の取扱いご利用条件