メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

診断

-
-

眼の病気の診断は、眼の外観を見ることと患者の訴える症状を聞くことから始まります。そして確定診断のため、あるいは病気の重症度や広がりを診断するため、さまざまな検査が行われます。

屈折検査

屈折検査(いわゆる視力検査)は、焦点を合わせる機能の異常を測定するための検査です。近視や遠視、乱視、老視といった、屈折異常によって起こる視力障害(像の鮮明度の障害)は、この屈折検査で診断されます。視力検査では通常、約6メートルの距離から見たときに正常な視力の人との対比でどの程度見えるかを比較します(訳注:日本では5メートルの距離での検査が標準的です)。つまり、約6メートル(20フィート)の距離から、正常な視力の人と同じに視標を読み取れる人の視力は、20/20、つまり1.0と表現されます。約6メートルの距離から視標を見て、正常な視力の人が約60メートル(200フィート)離れた距離から読み取れるものしか見えない人の視力は、20/200、つまり0.1と表現されます。視力検査でよく用いられるのはスネレン視力検査表です。これは、大きめの紙や、照明をあてて見やすくした箱の上に、大きさがだんだん小さくなっていくように文字が書かれた表です。視力検査を受ける人は、一定の距離からその文字を読んでいき、どの大きさの字まで読めたかで視力の値が決定されます。字を読めない人が検査を受ける場合は、大文字の「E」の字がさまざまな向きに並んでいる表を使い、その「E」の字がどちらの方向を向いているかを答えます(訳注:日本では「ランドルト環」という「C」の字型のリングが一般的に使用されています)。

自動屈折検査とは、機器を使って屈折異常を自動的に調べる方法で、眼に光が入ったときにその光がどのように変化するかを調べます。検査を受ける人がオートレフラクトメーターという機器の前に座ると、眼に光線があてられ、眼の反応が測定されます。オートレフラクトメーターはこの情報をもとに計算を行い、その人の屈折異常を矯正するために必要なレンズの処方を自動的に割り出します。この検査はほんの数秒で行えます。

フォロプターという眼鏡状の器具は、スネレン視力検査表と一緒に使われるもので、眼鏡やコンタクトレンズの処方時にその人に最も合ったレンズを決めるのに使われます。フォロプターには矯正用レンズ一式がセットされていて、検査を受ける人は検査表を見ながらさまざまな度数のレンズを試すことができます。通常、レンズの処方を決定するときはこのフォロプターを使って、オートレフラクトメーターで計算されたレンズ処方の微調整を行います。

視野検査

視野とは、眼の端で見える範囲(周辺視野)も含めて、片方の眼で見ることのできる範囲を指します。視力検査の一環として視野検査を行うこともよくあります。また、左右どちらかの側でだけよくものにぶつかるなど、見え方に偏った変化が生じた場合もこの視野検査を行います。周辺視野を検査する最も簡単な方法は、医師が検査を受ける人と向き合って座り、その人の顔の高さで1本の指を立てて左から(あるいは右から)視野の真ん中へゆっくりと指を動かしてくるやり方です。検査を受ける人は、指が見えたら医師に合図をします。このとき、視線を医師の顔に定めて、指の方は見ないようにします。そうしないと正しい検査結果が得られないからです。左眼、右眼それぞれ別に検査をします。

視野をより正確に測定するには、平面視野計やゴールドマン視野計を用います。この検査では、検査を受ける人は黒いスクリーンまたは丸い凹面型の白い装置(小さな衛星放送受信アンテナに似た形)の中心を見つめます。周辺部から視野の中心に向かって、さまざまな方向から点または光がゆっくりと動いてきます。検査を受ける人は、その点や光が眼の端で最初に見えたときに合図します。見えた位置がスクリーンまたは視野計にマークされます。このようにして、見えていない部分がどこにあるかが調べられます。視野検査には、コンピューターを使った自動視野計も使われています。この機器は大きくて浅い皿のような形をしています。検査を受ける人はその中心を見つめ、光のまたたきが見えたときにボタンを押して知らせます。

アムスラーグリッドは中心視野の検査に使われます。これは、黒い紙の上に、白い線で格子が書かれているもので、その中央に白い点が1つあります。検査を受ける人はこの白い点を片眼だけで見つめます。この状態で、格子の線がゆがんで見える個所があれば、それを知らせます。検査は片眼ずつ行い、紙と眼の距離は普通に何かを読むときの距離にします。また、普段ものを読む際に眼鏡をかけている人は眼鏡をかけたまま検査をします。格子の見えない部分がある場合は、視野欠損の可能性があります(視神経が眼球から出ていく位置には小さな盲点がありますが、これは正常なものです。普段この盲点に気づくことはありません)。格子の線が波打って見える場合は、黄斑に障害がある可能性があります。これは自宅でも行える簡単な検査で、黄斑変性の自己チェックにも役立ちます。

色覚検査

特定の色を認識する能力が弱い状態(色覚異常)を調べるには、さまざまな検査法があります。最も広く使われているのは石原式検査法で、これは白い背景に、色のついた小さな丸い点がぎっしりと並んで大きな円を形づくっている図を見る検査です。色のついた小さな丸は、色覚が正常な人が見た場合にはその中にある数字が読み取れるような形で並べられています。色覚異常のある人では、別の数字が見えるか、または数字が読み取れません。どのように見えるかは色覚異常のタイプにより異なります。

眼底検査

直像検眼鏡とは、拡大鏡のついた小さい懐中電灯のような手持ち式の器具で、眼の中を光で照らして角膜や水晶体、網膜を調べることができます。この検査のときは、患者はまっすぐ前を見ているようにします。眼底をよく見ることができるように、点眼薬を使って瞳孔を開いた状態にすることもあります。この検査は痛みを伴いません。ただし、瞳孔を広げる点眼薬を使った場合は、検査後数時間にわたってものがぼやけて見える、光に対して敏感になるなどの症状が出ることがあります。

検眼鏡のしくみと働き

検眼鏡のしくみと働き

検眼鏡は、医師が患者の眼の内部を診察するための器具です。この器具には、角度のついた鏡やさまざまなレンズ、照明がついています。検眼鏡を使うと、硝子体液(眼球内部のゼリー状の物質)、網膜、視神経、網膜の動脈・静脈を観察できます。

検眼鏡検査は眼科の基本的な検査方法です。眼の病気による網膜の異常を調べるのに役立つのはもちろん、体のほかの部分に影響が出る病気を発見できることもあります。たとえば、高血圧やアテローム動脈硬化、糖尿病などによる網膜血管異常の発見に役立ちます。脳内の圧力が上がると、正常ならばカップ状をしている視神経乳頭が圧力で押し出されてふくらむため(乳頭浮腫)、脳圧上昇の診断にも利用されます。また、網膜の腫瘍、黄斑変性の診断にも役立ちます。

別の倒像検眼鏡という器具が使われることもあります。これは医師が頭に装着して使う双眼鏡タイプの器具と手に持って使うレンズからなるもので、このレンズを患者の眼の前に置いて眼の中の像に焦点を合わせて、観察します。この方法を使うと立体的な像が見られるので、網膜剥離や視神経乳頭の浮腫など、奥行きのある構造をよく見ることができます。また、この方法ではより明るい光を用いることができるので、感染症や白内障などで眼の内部が濁っている場合に特に役立ちます。倒像検眼鏡では、通常の直像検眼鏡よりも広い範囲を観察できるので、網膜の周辺部まで一度に見ることが可能です。

スリットランプ検査

スリットランプのしくみ

スリットランプのしくみ

スリットランプ(細隙灯)は、眼全体を高倍率で拡大して診察するための器具です。光を集めて眼の中を明るく照らし、顕微鏡で観察します。

スリットランプ(細隙灯)とは、卓上に置く双眼型の顕微鏡で、眼に光をあて拡大して観察するための器具です。スリットランプのレンズは検眼鏡のものより性能が高く、大きな倍率で立体的に見ることができるので、奥行きの測定が可能です。この検査の際には、水晶体や硝子体液、網膜、視神経などをよりよく観察できるように、瞳孔を広げる点眼薬がよく使われます。緑内障(緑内障を参照)やその疑いがある場合は、眼に直接または眼の少し前方に追加のレンズを置いて観察します。これは、虹彩と眼の前方の部分(角膜の表面の内側)の間の角度を検査するためで、この検査は隅角鏡検査と呼ばれています。

眼圧測定

眼圧測定では、眼の中の房水の圧力(眼圧)を測定します。房水は眼の手前の部分を満たしている液体です。眼圧の正常値は8〜12mmHgです。眼圧は、緑内障を診断するため、また緑内障の治療の経過をみるために測定します。

ノンコンタクトトノメーター(空気噴射を使い、眼に触れずに測定する眼底測定器)は、眼圧のスクリーニング検査に使われます。この機器の精度は非常に高いとはいえませんが、スクリーニング用には役立ちます。この検査では、角膜に向けて空気がシュッとひと吹き噴射されます。検査を受ける人は反射的にまばたきをしますが、強い不快感を伴うことはありません。噴射された空気により角膜は押されて平たくなります。この平たくなるまでにかかる時間が1000分の1秒単位で計測されます。眼圧が上昇している場合は、眼圧が正常な場合と比べて、角膜が平たくなるまでの時間が長くなります。

眼圧測定機器には、手で持てるサイズの器具もあります。これで眼圧測定をするには、まず眼の表面に麻酔の点眼薬を差してから、測定器を角膜にそっとあてて計測します。この眼圧測定器は、救急治療室や診察室で手早く眼圧の上昇を調べたい場合にも使われています。

圧平眼圧測定法(アプラネーション測定法)は、より精度の高い眼圧測定法です。アプラネーショントノメーター(圧平眼圧計)は通常、スリットランプに取りつけられています。点眼麻酔薬を差した後、先端が角膜にあたるまで測定器をゆっくり動かします。このとき、医師はスリットランプから角膜の状態を観察します。角膜を平らにするのに必要な圧力から眼圧が計算されます。

蛍光眼底造影

蛍光眼底造影(FAG)を行うと、眼底の血管をはっきりと観察できます。青い光をあてると見えるフルオレセインという蛍光色素を、検査を受ける人の腕の静脈から注射します。色素は血流に乗って体をめぐり、網膜の血管にも流れこみます。色素を注射した直後に網膜の連続写真を撮影すると、血管内部の色素が蛍光を発して網膜の血管がくっきりと浮かび上がります。蛍光眼底造影法は、黄斑変性、網膜血管梗塞、糖尿病網膜症の診断に非常に有効です。

網膜電位測定

網膜電位測定(ERG)は閃光に対する網膜の反応を計測し、それによって網膜の視細胞の機能を調べる検査です。検査を行うには、まず点眼麻酔薬を差して瞳孔を開いた状態にします。それからコンタクトレンズの形をした電極を角膜の上に置き、さらにもう1つの電極を眼の近くの皮膚上に配置します。眼は閉じないように固定します。検査室を暗くします。検査を受ける人は閃光を発する光源を見つめます。閃光に反応して網膜が発した活動電流が記録されます。網膜電位測定は、網膜や視細胞が影響を受ける病気、たとえば網膜色素変性症のような病気の検査に役立ちます。

超音波検査

超音波検査も、眼の検査法として用いられます。閉じたまぶたの上に測定用のプローブ(探触子)を置き、眼球に超音波をあてて反射させます。痛みはありません。反射波は、眼の内部を平面的な像として映し出します。超音波検査は、眼の内部が濁っていたり何か障害物があって検眼鏡やスリットランプでは網膜が観察できないときに役立ちます。また、眼の内側にできた異常な構造物(腫瘍など)の性質を知る上でも有効です。このほか、眼に栄養を与えている血管の検査(ドップラー超音波検査)や角膜の厚さの測定(パキメトリー)があります。

角膜厚測定

角膜の厚さの測定(パキメトリー)には、通常、超音波を使います。角膜の厚さを正確に測ることは、レーシック(LASIK)(屈折異常: 屈折異常の手術を参照)のような眼の屈折異常の手術を行う際に非常に重要です。

超音波角膜厚測定では、点眼薬で麻酔をかけてから角膜の上に超音波プローブを置きます。光学的に測定する方法もあり、この場合は器具が眼に接触しないので、麻酔の必要はありません。

CT検査、MRI検査

CT(コンピューター断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査などの画像診断は、眼の内部構造や周囲の骨(眼窩)の構造を詳しく調べるのに役立ちます。CT検査は、眼の中に入った異物の位置を調べるのに特に適しています。

個人情報の取扱いご利用条件