メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

異物による外傷

-
-

眼の外傷のうち最も多いのは、異物による角膜や結膜の傷害です。こういった外傷のほとんどは軽いものですが、中には、角膜を貫通したり、角膜の切り傷やすり傷から感染症を起こすなどの重篤なものもあります。

眼の表面の外傷の原因として特に多いのは、コンタクトレンズに関するものです。レンズの大きさや形状が眼の形に合っていない、眼の中にレンズを長時間入れすぎた、睡眠中レンズを眼の中に入れっぱなしにしていた、レンズの殺菌消毒が不十分だった、レンズを眼から無理に外したり外し方が乱暴だった―といったことが、眼の表面に傷をつける原因になります。

このほか眼の表面の外傷の原因になるものとしては、ガラスの破片、風で運ばれてくる粒子、木の枝、頭上から落ちてくる破片などがあります。仕事や趣味で、顔面に小さい粒子が飛んでくるような環境にさらされる人もいます。たとえば、くぎなど金属性のものを鋼鉄製のハンマーで打つと、熱い鋼鉄の粒子が火花のように飛び散ります。これがそのまま眼に入ると、眼球の中に入りこんでしまいます。作業中には保護眼鏡をかけるなどの予防策を講じるようにします。

症状

眼の表面の外傷は痛みを伴い、眼の中に何か異物が入っているように感じます。さらに、光に対して過敏になる、目が赤くなる、眼球表面の血管から出血する、眼やまぶたが腫れるといった症状が出ることもあります。ものがぼやけて見えることもあります。

眼の内部にまで入りこんだ異物や、土や植物性の異物で汚染された外傷(木の枝による外傷など)では特に感染を起こしやすくなります。感染症の発生は、早期診断と適切な治療で防ぐことができます。

診断と治療

眼の外傷の診断では、症状と受傷時の状況が重要になります。異物があれば取り除きながら、眼の検査を行います。CTなどの検査も必要になることがあります。

特殊な照明をあてると光を放つ色素を含んだ点眼薬を使うと、眼の中の異物や、眼の表面にできた傷が見やすくなります。眼の表面を点眼薬で麻酔した上で、双眼検眼鏡やスリットランプなど専用の照明や拡大観察用の器具を使って眼の表面を詳細に診察し、異物を取り除きます。通常は、滅菌水による洗浄や湿らせた滅菌綿棒で異物を除去できます。簡単には取り除けない異物も、多くは針や専用器具を使って患者に痛みを感じさせずに取り除くことができます。金属の異物は、摘出しても眼の中にさびが残る場合があり、専用の器具(回転する小さな研磨切削面を備えた手術器具)で取り除く必要があります。

異物の除去後は、抗生物質の軟膏(なんこう)を数日間使用します。角膜が大きく剥離している場合は、その治療も必要になります。その場合は、点眼薬で瞳孔を開いた状態に保ち、抗生物質の軟膏を使用します。眼を閉じたままにしておくため、眼帯を使用することもあります。コンタクトレンズや、土や木片などの雑菌で汚染されている可能性がある異物による角膜剥離の場合は、眼帯をしません。このような場合に眼帯をすると、角膜に重度な感染症(角膜潰瘍[かくまくかいよう])が起こるリスクが高まるからです。眼の表面の細胞は再生が早く、大きな剥離も通常は1〜3日で治ります。初診の翌日または翌々日に、再度診察を受けるのがよいでしょう。角膜剥離では違和感や不快感が生じるので、痛み止めの内服薬が処方されます。

異物が眼の深い部分に突き刺さった場合は、ただちに眼科を受診し緊急手術で異物を除去する必要があります。早めに取り除くことで感染のリスクを軽減できます。

個人情報の取扱いご利用条件