メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

まぶたの腫瘍

-
-

非癌性(良性)の腫瘍(しゅよう)や癌性(悪性)の腫瘍がまぶたにできることがあります。良性腫瘍で最もよくみられるものは黄色板腫です。これは黄白色の平らな腫瘍で、脂質でできています。黄色板腫は外見の面で気にならない限り、切除する必要はありません。黄色板腫は血中コレステロール値の上昇のサインでもあるので(特に若い人の場合)、これができたときには採血して血中コレステロール値の検査を行います。

写真

黄色板腫

黄色板腫

扁平上皮細胞癌と基底細胞癌(皮膚癌: はじめにを参照)は、ともにまぶたにできる悪性腫瘍です。まぶたにできた腫瘍が数週間たっても消えない場合は、生検(生体組織検査、バイオプシーともいい、組織標本を採取して顕微鏡で観察する検査)が行われます。まぶたの悪性腫瘍は外科手術による治療が一般的です。

個人情報の取扱いご利用条件