メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

上強膜炎

-
-

上強膜炎とは、強膜と結膜の間にある組織の炎症です。

上強膜炎は青年期にみられ、男性よりも女性に多く発症します。炎症は通常、眼球の限られた部分にのみ起こり、その部分が少し盛り上がったようになって赤くなります。ときにはやや黄色みがかった色になる場合もあります。症状としては眼の圧痛(押すと痛みを感じる)、かゆみや痛み、涙量の増加、明るい光に対して敏感になるなどがあります。上強膜炎が他の病気の徴候であることはほとんどなく、自然に消えてまた再発する傾向があります。診断は症状と眼の観察所見に基づいて行われます。

治療は特に必要ありません。血管を収縮させる作用のあるテトラヒドロゾリンなどの点眼薬で眼の赤みを改善できます。より早く症状を抑えるためステロイド点眼薬か非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の内服薬が処方されることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件