メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

強膜炎

-
-

強膜炎は、非常に強い痛みを伴う炎症で、強膜が紫色になり視力に重大な影響を与えることがあります。

強膜炎は、30代から50代の成人に最も多くみられ、男性よりも女性に多く発症します。患者の3分の1では両眼に発症します。強膜炎は関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、あるいはその他の自己免疫疾患を伴うことがあります。強膜炎の症例の約半数ではその原因が不明です。

症状としては眼の痛み(通常、突き刺すような非常に激しい痛み)があり、あまりの痛みに眠れなかったり、食欲が落ちることがしばしばあります。このほか眼の圧痛、涙量の増加、明るい光に対して過敏になるといった症状が出ます。ときに、炎症の程度がひどいために眼球の穿孔を起こし、摘出しなくてはならないこともあります。

強膜炎の診断は、症状とスリットランプによる観察所見に基づきます。超音波検査やCT検査で強膜炎の徴候が見つかることもあります。

治療には非ステロイド性抗炎症薬や、プレドニゾロンなどのステロイド薬を服用します。点眼薬や軟膏は強膜炎にはほとんど効果がありません。関節リウマチがある場合やステロイド薬の効き目がない場合は、シクロホスファミド、アザチオプリンなどの免疫抑制薬が必要になることがあります。

個人情報の取扱いご利用条件