メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

角膜は眼球の正面にあるドーム状の透明な被膜で、虹彩と水晶体を保護し、光が網膜に像を結ぶのを助ける働きをしています。角膜は細胞、タンパク質、液体からできています。透明で、手足の爪と同程度の硬さがあり、接触に対して非常に敏感です。角膜の病気や損傷は痛みを伴います。また、失明につながることがあります。

個人情報の取扱いご利用条件