メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

単純ヘルペス角膜炎

-
-

単純ヘルペス角膜炎とは、角膜が単純ヘルペスウイルスに感染したことで起こる病気です。

単純ヘルペス角膜炎(単純ヘルペス角結膜炎)(ウイルスによる感染症: 単純ヘルペスウイルス感染症を参照)の初期段階の症状は、軽度の細菌感染症に似ていることもあります。眼が少し痛む、涙目になる、赤くなる、明るい光に対して過敏になるなどです。まれですが感染症が悪化して角膜が腫れて、視界がかすむことがあります。

ほとんどの場合、最初の感染時は角膜に軽い症状が出るだけで、治療をしなくても治ってしまいます。しかし、ときには感染が再発して症状が悪化します。再発した場合は、角膜表面の損傷がひどくなることがあります。再発が複数回にわたると、深い潰瘍や永続的な瘢痕が角膜にできたり、眼球の触覚が失われることがあります。また、新血管形成が生じて角膜に侵入し、重大な視力障害を引き起こすこともあります。診断にはスリットランプ(スリットランプのしくみを参照)による観察を行います。ウイルスの種類を特定するため、感染部位からサンプルを採取して培養することもあります(ウイルス培養)。

治療には、トリフルリジン点眼薬、ビダラビン軟膏などの抗ウイルス薬が処方されます。抗ウイルス薬のアシクロビルを内服することもあります。治療はできるだけ早急に開始する必要があります。治癒を早めるため、眼に麻酔をかけてから綿棒で角膜の表面をそっとぬぐい、感染して損傷を受けた細胞を除去することもあります。

個人情報の取扱いご利用条件