メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

眼部帯状疱疹

-
-

眼部帯状疱疹とは、帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる眼の感染症です。

帯状疱疹ウイルスは神経の中で増殖するウイルスで、ときに皮膚に広がって帯状疱疹(ウイルスによる感染症: 帯状疱疹を参照)を生じさせます。額や鼻が感染すると、眼球も感染することが多く、帯状疱疹が出ている側の皮膚と同じ方の眼に症状が出ます。

このウイルスが眼球に感染すると、眼の痛み、充血、まぶたの腫れを引き起こします。感染した角膜は腫れ、重度の傷害を起こし瘢痕化することもあります。さらに、角膜の後ろの組織が炎症を起こす(ぶどう膜炎)、眼圧が上昇する(緑内障)、角膜が感覚を失って外傷につながるといった症状が出る場合もあります。活動期の帯状疱疹の外観、過去の特徴的な発疹、過去の発疹でできた瘢痕などが診断の手がかりになります。

顔面に帯状疱疹が出て眼にも及ぶ危険性がある場合は、早い段階でアシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルなどを服用すると、そのリスクを軽減できます。ステロイド点眼薬も効果が期待できます。瞳孔を広げる作用のあるアトロピンなどの点眼薬は、重い緑内障を予防し、眼の痛みも軽減させます。

個人情報の取扱いご利用条件