メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

周辺部角膜潰瘍

-
-

周辺部角膜潰瘍とは、角膜に炎症と潰瘍形成を生じる病気で、関節リウマチなどの結合組織病のある人に多くみられます。

周辺部角膜潰瘍は、自己免疫反応(自己免疫疾患を参照)によって引き起こされると考えられています。症状としては、視界がぼやける、明るい光に対して過敏になる、異物が眼に入って取れない感じがするなどがあります。潰瘍は角膜の周辺部にでき、形は普通は楕円形です。

関節リウマチと周辺部角膜潰瘍を患っている人は、治療を受けずにいると、角膜潰瘍が現れてから10年以内に約40%が死に至ります(原因は主に心臓発作)。免疫系を抑制する作用のあるシクロホスファミドなどの薬を使用して治療を行うことで、10年以内の死亡率を約8%にまで減らせます。

個人情報の取扱いご利用条件