メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

水疱性角膜症

-
-

水疱性角膜症とは、角膜が腫れる病気です。

水疱性角膜症は、特に高齢者に多くみられます。また、白内障の摘出手術などの眼の手術を行った後に発症することがあります。角膜が腫れて、角膜表面に液体の詰まった水疱ができます。水疱は破裂することがあり、その場合は痛みや眼の中に異物が入って取れない感じがあり、視力障害も起こります。診断には、角膜の特徴的な腫れや濁り、角膜表面の水疱が手がかりになります。パキメトリー(角膜の厚さを測る超音波検査法)も診断の確定に役立ちます。

水疱性角膜症の治療では、角膜内部の液体の量を減らします。水分を角膜から外に誘導するため、塩分の入った点眼薬が使用されることもあります。不快感や痛みを軽減するためにソフトコンタクトレンズを入れることもあります。日常生活に支障が出るほどの視力障害が生じた場合や、痛みや不快感が強い場合は、角膜移植(角膜移植の成功率が高い理由を参照)が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件