メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

白内障

-
-

白内障は、水晶体が濁って徐々に視力が失われていく病気です。痛みはありません。

白内障は世界の失明原因の第1位になっています。米国でも多くみられ、患者のほとんどは高齢者です。65〜74歳ではほぼ5人に1人に視力が低下するほど重度の白内障があり、75歳以上ではこの割合が2人に1人となります。幸い、米国では白内障患者のほとんどが失明に至る前に治療を受けています。

白内障による視力への影響

白内障による視力への影響

左の図は、正常な水晶体が光を通して網膜上に焦点を結んでいる状態です。右の図は、白内障があるために光の一部がさえぎられて水晶体をうまく通過できず、網膜上の像がゆがんでしまう状態です。

白内障は、はっきりした原因がなく発症する病気です。ただし、眼に受けた外傷、コルチコステロイド薬など特定の薬の長期使用、長時間のX線照射(眼の周辺に放射線療法を受けた場合など)、眼の炎症性疾患や感染症などが白内障の原因となることがあります。糖尿病などの病気の合併症として発症することもあります。また、瞳の色が濃い人、直射日光に長期間さらされてきた人、栄養状態が良くない人、喫煙者には、白内障が多くみられるといわれています。片側の眼に白内障があると、もう片方の眼もいずれ白内障になる可能性が高くなります。両方の眼が同時に白内障になる場合もあります。新生児が生まれつき白内障であることもあります(先天性白内障(そのほかの先天異常を参照))。小児もけがや病気が原因で白内障になることがあります。

症状と診断

眼に入る光はすべて水晶体を通って入ってきます。したがって、その光をさえぎったり、ゆがめたり、散らしてしまうような濁りが水晶体に生じると、視力の低下が起こります。白内障で最初に現れる症状の多くは、視界のかすみやぼやけです。光のぎらつき(グレア)や光の輪郭のにじみ(ハロ)なども白内障の初期症状として現れます。まれですが、初期症状の1つとしてものが二重に見える複視が生じることもあります。色が黄色っぽくなり鮮やかさが失われるといった変化を感じることもあります。印刷された文字の明暗を判別する力が白内障によって衰え、字が読みにくくなることもあります。

写真

白内障

白内障

白内障でどの程度視力が変化するかは、眼の中に入ってくる光の強さと、白内障が生じた部位によって異なります。明るい光の下では、瞳孔が収縮して光が眼に入る通路を狭めるので、水晶体の中央部にできた白内障(核性白内障)の場合は特に、光が眼の中に入りにくくなります。薄暗い光の下では瞳孔が大きく開き、対向車のヘッドライトなどの明るい光は白内障の周辺部で散らされます。このため、光のぎらつき(グレア)や光の輪郭のにじみ(ハロ)が生じ、夜間の車の運転が特に困難となります。白内障患者が瞳孔を収縮させる薬(緑内障用点眼薬など)を使用している場合は、視力への影響がより大きくなります。

遠視の人に核性白内障がある場合は、普通の光の下での裸眼視力が一時的にかえって良くなることがあります。これは、白内障が度の強いレンズとして機能して光の集束力が高まり、近くを見る視力(近見視力)を向上させるためです。高齢者では普通、眼鏡なしで近くのものを見るのが困難になりますが、この現象が出ると眼鏡をかけなくてもまた字が読めるようになり、「視力が戻った」などと表現されることもあります。残念ながら、核性白内障ではいずれは眼に入る光がさえぎられ、ぼやけてしまうので、最終的には視力に障害が出ます。

水晶体の後部にできる白内障(後嚢[のう]下白内障)では、眼の中に入った光が細く絞られる位置に濁りが生じるため、他の部位にできる白内障よりも視力に影響が出やすくなります。このタイプの白内障では、明るい光の下での視力が障害されやすく、また、光のぎらつき(グレア)や光の輪郭のにじみ(ハロ)が生じやすい傾向があります。

白内障で痛みが生じることはまずありませんが、まれに眼球が腫れて眼内圧を上昇させる(緑内障)ことがあり、その場合は痛みを伴います。

白内障は、通常、検眼鏡(眼の内部を見るための手持ち式の器具)による観察で発見できます。スリットランプを使うと眼の中をより詳しく観察でき、白内障の正確な位置や光がどの程度さえぎられているかを調べることができます。

予防

白内障を予防するためにできることはいくつかあります。紫外線を防ぐコーティング処理を施したサングラスを常時使用する習慣をつけると、眼を太陽光から守り、白内障を予防できる可能性があります。タバコを吸わないことは白内障の予防になり、またその他の面でも健康に良いといえます。糖尿病患者は、医師に相談しながら自分の血糖値をしっかり管理する必要があります。食生活ではビタミンC、ビタミンA、カロチノイド(ほうれん草やケールなどの野菜に多く含まれている色素)を多く摂取すると白内障を予防できる可能性があります。更年期以降の女性では、エストロゲンの補充が白内障予防に役立つ可能性がありますが、白内障予防だけを目的にエストロゲンを使用すべきではありません。長期にわたってステロイド薬を使用している場合は、他の薬への変更について医師に相談してみてもよいかもしれません。

治療

視力障害がかなり進むまでの間は、眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正できます。明るい光の下ではサングラスをかける、肩越しに光をあてるような照明を使用するなどの工夫により、光のぎらつき(グレア)を軽減して見やすさを改善できます。頻繁に用いられる方法ではありませんが、白内障が水晶体の中央部にできている場合は、見え方を改善するために瞳孔を広げる薬を使うことがあります。

白内障そのものを治療する手段は、手術以外にありません。白内障は点眼薬や薬では治らないからです。白内障が引き起こした症状(白内障の腫れや緑内障など)によっては、至急手術するよう医師から勧められることもあります。しかしほとんどの場合、手術を行う必要があるのは、白内障による視力障害がひどくなり日常生活に危険や不快感、不便を感じている場合に限られます。そうなる以前に白内障の手術をしてもメリットはありません。

白内障の手術は、患者の年齢を問わず可能で、心臓病や糖尿病がある人に対して行っても特に危険はありません。一般的な方法としては、眼を小さく切開して、白内障を起こした水晶体を超音波で破砕し、その破片を取り除きます(超音波水晶体乳化吸引術)。水晶体をすべて除去した後に人工水晶体(眼内レンズ)を移植します。ただし、眼内レンズは常に安全に移植できるわけではありません。移植に問題がある場合、水晶体を除去した後は、厚みのある眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正する必要があります。

白内障手術はほとんどの場合、注射や点眼薬などで眼の表面に麻酔をかける局所麻酔で行われます。例外的に、小児や、成人でも手術の間じっとしていることが難しい患者では全身麻酔が使用されます。手術時間は30分程度で、手術当日に帰宅できます。切開による眼の傷は非常に小さく、自然にふさがるので、普通は縫合は必要ありません。

手術を受ける場合は、手術後の数日間、家での生活を手助けしてくれる人を前もって探しておく必要があります。手術後は前かがみになる、重いものを持ち上げるなどの行動が制限されるほか、視界がぼやける、光をまぶしく感じるなどの症状が短期間とはいえ出ることがあるからです。手術後数週間は、感染予防と炎症の軽減、そして治癒を早めることを目的に点眼薬や軟膏(なんこう)を使用します。また、手術の傷が完全に治るまでの2〜3週間は、眼を外傷から守るために眼鏡か金属製の眼帯を着用します。手術の翌日に診察を受け、以後は1週間後と1カ月後に診察を受けるのが典型的なスケジュールです。両眼に白内障がある場合は、片方の眼が完全に治ってからさらに数カ月待ってもう片方の手術を行うのが一般的です。

多くの人では、白内障の手術を受けてから数週間以内に遠くがよく見えるようになったことが実感できますが、読書をする際には眼鏡が必要です。遠くを見るにも眼鏡による矯正が必要となる人もいます。眼内レンズの度数は手術前に決定されます。手術前はかなり厚いレンズの眼鏡をかけていた人が、薄いレンズの眼鏡ですむようになることもあります。

白内障手術で合併症が出ることはめったにありません。しかし、ときには感染症や眼内の大出血が起こって視力が失われることもあります。眼圧が大きく上昇するケースもあり、これは放置しておくと、緑内障を生じたり、移植した眼内レンズの位置がずれたりします。網膜の腫れや剥離(はくり)が生じることもあります(網膜の病気: 網膜剥離を参照)。糖尿病網膜症など網膜の病気のある人では、白内障の手術後に視力が低下する場合があります。これらの合併症はいずれもまれですが、手術後に適切に診察を受けることによって、合併症が起こった場合も早期に発見、治療することができます。

水晶体を除去する際には、通常、後嚢と呼ばれる組織を眼の中に残しますが、手術後にこの後嚢が濁ってしまうことがあります(後発白内障)。後発白内障は白内障手術を受けた人のおよそ4人に1人の割合でみられ、眼内レンズを移植してから数カ月から数年後に起こります。後発白内障が生じた場合は、濁った後嚢にレーザー光線で小さな穴を開けて、光が通る通路をつくる治療が一般的に行われています。

個人情報の取扱いご利用条件