メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

黄斑部網膜上膜形成症

-
-

黄斑部網膜上膜形成症(別名:セロファン黄斑症、黄斑前線維症、網膜前膜)とは、網膜の上に薄い膜が形成され、そのために視力が障害される病気です。

黄斑部網膜上膜形成症は、一般に50歳以上で発症し、特に75歳以上の人に多くみられます。網膜上膜とは網膜の上にできる瘢痕組織の薄い膜で、この膜が収縮するためその下の網膜にしわが生じます。

眼球の後部を満たしているゼリー状の硝子体(しょうしたい)液は、年をとるにつれて縮んでいきます。網膜にしわができる原因は、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、網膜剥離、眼の外傷などさまざまです。

この病気の症状は、視界がぼやける、ものがゆがんで見える(直線が波打って見える)などです。診断は検眼鏡による観察で行います。蛍光眼底造影法も診断に役立ちます。

ほとんどの場合、治療は必要ありません。視力障害が著しい場合は網膜上にできた膜を膜剥離術で除去します。この手術は局所麻酔で行い、30分程度で終わります。

個人情報の取扱いご利用条件