メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

網膜剥離

-
-

網膜剥離(もうまくはくり)とは、網膜が下の血管層からはがれてしまうことをいいます。

網膜剥離が起こると、はがれた部分は血液の供給を受けることができなくなり正常に機能しなくなります。はがれた部分を元に戻さない限り、その部分が永久的に損傷してしまう可能性があります。

網膜剥離は網膜裂孔が原因であることが多く、最初は小さな部分がはがれます。この部分を元に戻さずにおくと、網膜全体がはがれてしまうおそれがあります。網膜剥離の原因となる網膜裂孔は、強度の近視の人や白内障手術を受けた人に起こりやすい傾向があります。眼にけがをした場合も網膜裂孔が生じやすくなります。網膜剥離で損傷を受けた血管から液体や血がにじみ出て網膜とその下の組織の間にたまると、視力がさらに障害されます。

症状

網膜剥離が起きても痛みはありません。多くの場合、眼の前に小さな動く点が見えたり(飛蚊症)、ほんの一瞬の閃光が見える程度です。一般に、最初は周辺部の視野が失われ、網膜剥離が進行するにつれて徐々に視野の欠損範囲が広がっていきます。ちょうどカーテンやベールが視線を横切って閉じてくるように、視力が少しずつ失われていきます。黄斑部がはがれると視力障害が急激に進み、視野のすべてがぼやけて見えるようになります。

網膜剥離は、検眼鏡で網膜を観察することでほぼ発見できます。剥離部分が見えない場合は、超音波検査を行うとその場所がわかります。

写真

網膜剥離

網膜剥離

治療と経過の見通し

視力が突然低下した場合は、ただちに眼科を受診する必要があります。網膜剥離の治療では原因に応じてレーザー手術や冷凍凝固術などを行い、網膜を修復します。レーザー手術では網膜の穴をふさぎます。冷凍凝固術では網膜に凍傷を起こして瘢痕組織を生じさせ、それによって網膜をしっかりとくっつけます。

剥離が生じてから2〜7日以内に、網膜を元のように下の組織に接着した状態に戻すことができた場合は、視力が改善する可能性が高くなります。それ以上長く網膜が剥離した状態が続いたり、出血や瘢痕化を起こしている場合は、視力が改善する可能性が低くなります。

個人情報の取扱いご利用条件