メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

網膜中心動脈・静脈の閉塞

-
-

網膜中心動脈は網膜に血液を供給している主要血管ですが、アテローム動脈硬化や血のかたまりなどの小片によって、この血管が完全に閉塞してしまうことがあります(塞栓)。また、血管の炎症も網膜動脈閉塞の原因となります。緑内障や糖尿病、高血圧のある人では、それらの病気が原因で血管にさまざまな反応が起こり、網膜静脈を詰まらせてしまう場合があります。

網膜中心動脈閉塞が起こると、痛みはないものの、閉塞が生じた側の視力が突然低下します。網膜中心静脈閉塞の場合は静脈にうっ血が起こり、視神経の前面が腫れます。動脈閉塞、静脈閉塞いずれの場合も、視力障害の程度は軽度から重度までさまざまです。再発することもめずらしくありません。

合併症としては重度の視力低下のほか、眼内出血、緑内障があります。緑内障は、房水の排出部である虹彩や隅角に異常な新生血管ができるために起こります。

診断と治療

診断には、網膜血管の異常や網膜への血液供給が滞っている徴候がないか、検眼鏡で観察します。たとえば、網膜動脈閉塞では網膜が青白くなる、網膜静脈閉塞では静脈がうっ血する、視神経の前面が腫れるなどの徴候が認められます。蛍光色素を静脈から注射した上で網膜の画像を撮影する蛍光眼底造影法という検査では、網膜の損傷の程度がよくわかり、治療方針を決めるのに役立ちます。網膜血管の血液の流れを観察するためにドップラー超音波検査を行うこともあります。

網膜動脈の閉塞を解消するためただちに治療が行われますが、効果が得られることはまれです。閉じたまぶたの上から指で眼を周期的にマッサージすると、上昇した眼圧が下がることがあります。このほか、前房穿刺術という方法で眼圧を下げることもあります。前房穿刺術では、点眼薬で眼を麻酔してから前房に針を刺し、中の液体(房水)を少量抜き取って眼圧を即時に下げます。眼球マッサージや前房穿刺で眼圧が下がると、詰まっている血のかたまりや塞栓がその場所から離れて血管の先端方向の細い場所へと移動することがあり、これにより網膜の損傷領域を小さくできます。網膜血管閉塞に対する薬物療法は確立されていません。虹彩や隅角に新生血管が生じた場合はレーザー治療を行うことがあります。

個人情報の取扱いご利用条件