メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

眼内炎

-
-

眼内炎とは、眼の中で起こる感染症です。

眼内炎は血流に乗って眼に入った菌や、手術の切開部やけがから眼の中に入った菌によって起こります。血液の感染症は静脈内への薬剤注射、膿瘍(のうよう:膿がたまったもの)、外科手術によって起こります。感染の多くは細菌が原因で起こりますが、真菌(カビなど)や原生動物が原因の場合もあります。ウイルスが原因で眼に重度の感染が起こることもありますが、この場合は普通、眼内炎とはいいません。

眼内炎の症状は、痛み、白目部分の充血、光に対し過敏になる、視力が部分的あるいは完全に失われるなどで、重篤な場合もあります。診断は症状、眼の観察所見、原因となる菌の培養検査をもとに行います。場合によっては抗体検査やDNA検査も行います。培養検査用のサンプルは房水(眼球前部にある液体)や硝子体液(眼球後部にあるゼリー状の液体)から採取します。培養によって、感染の原因菌を特定するとともに、どの薬剤が有効かを調べます。

眼内炎は緊急を要する病気です。視力を守るためにはすみやかな処置が必要です。重症のケースでは数時間の遅れが失明につながることもあるため、治療はただちに開始されます。原因である菌に応じて抗生物質の種類を選択し、投与します。ステロイド薬が使用されることもあります。感染が広がるのを防ぐため、眼球内部の感染組織を取り除く手術が必要になる場合もあります。

個人情報の取扱いご利用条件