メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

網膜の癌

-
-

網膜の癌(がん)の多くは、脈絡膜(網膜に血液を供給する血管が密集した層)から発生します。脈絡膜は網膜と強膜(眼球外側の白い部分)の間にあります。網膜は血液供給をこの脈絡膜に頼っていることに加えて、構造的にも脈絡膜に支えられているため、癌によって脈絡膜に損傷が生じると視力にも影響します。

脈絡膜黒色腫: 脈絡膜黒色腫は、脈絡膜の色素細胞(メラニン細胞)から発生する癌です。眼球内に発生する癌では最も多く、白色人種で青い眼の人に特に多くみられます。通常、初期段階では視力に影響はありません。癌が進行すると、網膜剥離が生じて視界がぼやけたり、失明が起こります。体のほかの部位に転移することもあります。

脈絡膜黒色腫を治療できる可能性は腫瘍の大きさと関連性があることから、早期発見が重要となります。診断には検眼鏡による観察、超音波検査、連続写真などが用いられます。

黒色腫が小さい場合は、レーザーや放射線の照射、放射性物質を腫瘍の中に埋めこむなどの治療によって、視力を維持し眼球を摘出せずにすむ場合があります。黒色腫が大きい場合は、眼球摘出が必要です。大きい腫瘍を取り除かずにおくと、癌が眼窩(がんか)にまで広がったり、あるいは血流に乗ってほかの臓器に転移し、死につながるおそれがあります。

転移性脈絡膜腫瘍: 転移性脈絡膜腫瘍は、体のほかの部分に発生した癌が眼に転移したものです。脈絡膜は血液供給が豊富なため、癌が転移しやすい部位になっています。女性の場合は乳癌からの転移が最も多く、男性の場合は肺癌と前立腺癌からの転移が多くみられます。

これらの癌は多くの場合、自覚症状がなく、眼の定期検診などで偶然発見されることもあります。初期症状は視力低下や閃光が見えることなどです。網膜剥離や重度の視力障害も起こります。

この病気は眼科の定期検診の際に、検眼鏡による観察で偶然診断されることがあります。超音波検査も診断に役立ちます。診断を確定するため、細い針で眼球から組織のサンプルを採取して顕微鏡で観察することもあります(生検)。治療としては化学療法や放射線療法が行われます。

個人情報の取扱いご利用条件