メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

眼球突出症

-
-

眼球突出症とは、片側あるいは両方の眼が異常に前にせり出した状態をいいます。

眼球突出症はさまざまな病気によって引き起こされます。甲状腺の病気、特にグレーヴス病(甲状腺の病気: 原因を参照)では眼窩内の組織が腫れてリンパ球などの細胞がたまり、それに押されて眼球が前に出ます。眼球後部の出血や眼窩内の炎症では、眼球突出症が急速に起こることがあります。良性または悪性の腫瘍が眼球の後ろにできた場合も、眼球は前に押し出されます。まれに、炎症性の線維組織がたまって非癌性のかたまり(偽腫瘍)ができ、これが眼球突出症の原因となることがあります。この場合は痛みと腫れが伴います。海綿静脈洞血栓症では、静脈血が眼の外に出ていくことができないため眼球が腫れます。動脈と静脈が異常なつながり方をする奇形(動静脈奇形)が眼の後ろにある場合は、拍動性眼球突出といって、眼球が前に押し出され心拍に合わせて脈打つ状態になることがあります。

突出した眼球はまぶたにしっかり守られていないため角膜が乾きやすくなります。その結果、角膜潰瘍ができて感染を起こすことがあります。眼球突出が長期間続くと視神経が引っぱられるため視力に障害が出ることがあります。眼窩内の圧力が上がると視神経が圧迫されるので、これも視力障害の原因となります。

診断と治療

眼球が前に出ている人が必ずしも眼球突出症であるわけではありません。眼球が少し前に出ているために白目の部分が普通より多くみえているだけの人もいます。眼球がどの程度前に出ているかは、普通の物差しや眼球突出計と呼ばれる器具を使って計測できます。診断を確定するため、CT検査や甲状腺機能検査を行うこともあります。

治療は原因により異なります。動静脈奇形が原因の場合は一部の血管を閉じる手術が必要になることもあります。甲状腺の病気が眼球突出症を引き起こすほど重症であれば、これを治療します。しかし甲状腺の病気を治療しても眼球突出症が改善されないこともあります。眼球突出症そのものに対する治療としては、症状が軽度の場合は眼を保護するための日よけや点眼薬を用います。症状がより重い場合はステロイド薬の投与、放射線療法、外科手術などを行います。眼球や眼窩に出血や炎症がある場合は、その原因となっている病気を治療します(眼窩の病気: 眼窩の炎症を参照)。腫瘍が原因の場合は腫瘍のタイプに応じて化学療法や放射線療法、または手術を行います。偽腫瘍が原因の炎症にはステロイド薬が有効です。

個人情報の取扱いご利用条件