メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

男性の思春期

-
-

思春期とは、生殖能力が十分に備わり、成人としての性の特徴が現れてくる段階のことです。少年の場合、思春期は通常10〜14歳を指しますが、9歳という早い年齢で始まることもあれば、16歳まで続くことも珍しくありません。

思春期になると、脳の下垂体が黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンを分泌し、これらが精巣を刺激してテストステロンがつくられます。テストステロンには、ひげや声変わりなどの第二次性徴を発現させる働きがあります。

またテストステロンの作用で、陰茎が長く太くなる、陰嚢、精巣、精巣上体、前立腺が大きくなる、陰嚢の皮膚が黒ずむ、陰毛が生えるなど、男性生殖器にさまざまな変化が現れます。精子の形成は14歳ごろに始まり、最初の射精は思春期の終わりに起こります。

個人情報の取扱いご利用条件